浜松城北工業高等学校ホームページ
 
学校案内 学科案内 進路 部活動 中学生の方へ 年間行事予定
災害時対応 各種証明書 交通アクセス ダウンロード リンク 城北工NOW!詳細
 
ホーム>部活動>コンピュータ

  • 最近の活動報告
  • 運動部
  • 文化部
  • 技術部
  • 陸上競技
  • テニス
  • サッカー
  • 野球
  • 水泳
  • 卓球
  • バレー
  • バスケット
  • 体操
  • 剣道
  • 柔道
  • ハンドボール
  • ジョギング
  • 読書・文芸
  • 放送
  • 科学
  • 美術・書道
  • 吹奏楽
  • 軽音楽
  • 写真部
  • 囲碁・将棋
  • 料理調理研究
  • 環境
  • 発明・製図
  • 電気
  • 機械研究
  • 省エネ研究
  • メカトロ
  • コンピュータ
【記録】静岡県知事表彰の歴史を振り返ります
表彰・静岡県知事褒賞!に輝く

 コンピュータ部員が実学重視を掲げる川勝平太知事より、平成25年度の「高校生知事褒賞」という名誉な表彰をいただきました。
 知事褒賞を授与されたのは、コンピュータ部3年、坂下和司君(電子科3年a組、雄踏中学出身)です。坂下君は、高校2年春期での「応用情報技術者試験」(経済産業省、国家資格)合格に加え、日本情報オリンピック本選全国大会出場、Imagine Cup2013の躍進など数々の功績を残してくれました。部長としても部員をまとめ率先してチャレンジを引き出してくれました。
 

【記録】日本情報オリンピック全国大会入賞!!の歴史を振り返ります
本選全国大会入賞・第18回日本情報オリンピック本選全国大会で「敢闘賞」(本選Bランク)入賞!

 第18回日本情報オリンピック本選全国大会
(2019年2月9日、10日つくば国際会議場)で、コンピュータ部2年の竹山宗佑君(電子科2年a組、浜松曳馬中学出身)が、「敢闘賞」(予選Bランク賞)に入賞しました! しかし、前回同様、Aランク入賞者が出場できるアジア太平洋情報オリンピック(APOI)への出場まではあと一歩でした。




本選全国大会入賞・第17回日本情報オリンピック本選全国大会で「敢闘賞」(本選Bランク)入賞!

 第17回日本情報オリンピック本選全国大会
(2018年2月10日、11日つくばカピオ)で、コンピュータ部2年の内山豊海君(電子科2年a組、与進中学出身)が、「敢闘賞」(予選Bランク賞)に入賞しました! しかし、Aランク入賞者が出場できるアジア太平洋情報オリンピック(APOI)への出場まであと一歩でした。




予選Aランク入賞・第12回日本情報オリンピック予選でAランク入賞!

 第12回日本情報オリンピック全国予選
(2012年12月16日)で、コンピュータ部2年の坂下和司君(電子科2年a組、雄踏中学出身)「予選Aランク賞」に入賞しました!

 写真上段は、大会出場を記念した横断幕。下段は、全国大会出場を決めた3人(左から澤田啓汰君、坂下和司君、沼田輝明君、いずれも電子科2年a組)の喜ぶ姿(左)と全国大会で調整する坂下君、沼田君です。
本選全国大会入賞・第18回日本情報オリンピック本選全国大会で「敢闘賞」(本選Bランク)入賞!

 第18回日本情報オリンピック本選全国大会
(2019年2月9日、10日つくば国際会議場)で、コンピュータ部2年の竹山宗佑君(電子科2年a組、浜松曳馬中学出身)が、「敢闘賞」(予選Bランク賞)に入賞しました! しかし、前回同様、Aランク入賞者が出場できるアジア太平洋情報オリンピック(APOI)への出場まではあと一歩でした。




本選全国大会入賞・第17回日本情報オリンピック本選全国大会で「敢闘賞」(本選Bランク)入賞!

 第17回日本情報オリンピック本選全国大会
(2018年2月10日、11日つくばカピオ)で、コンピュータ部2年の内山豊海君(電子科2年a組、与進中学出身)が、「敢闘賞」(予選Bランク賞)に入賞しました! しかし、Aランク入賞者が出場できるアジア太平洋情報オリンピック(APOI)への出場まであと一歩でした。




予選Aランク入賞・第12回日本情報オリンピック予選でAランク入賞!

 第12回日本情報オリンピック全国予選
(2012年12月16日)で、コンピュータ部2年の坂下和司君(電子科2年a組、雄踏中学出身)「予選Aランク賞」に入賞しました!

 写真上段は、大会出場を記念した横断幕。下段は、全国大会出場を決めた3人(左から澤田啓汰君、坂下和司君、沼田輝明君、いずれも電子科2年a組)の喜ぶ姿(左)と全国大会で調整する坂下君、沼田君です。

【記録】コンピュータ部卒業生の顕著な活躍を綴ります
Imagine Cup 2013日本大会イノベーション部門で米山哲平さんが優勝!! Rossia大会出場へ!

 Imagine Cup競技では、イノベーション部門
でエントリーした、京都コンピュータ学院4年米山哲平さん(2008年度電子科卒業、コンピュータ部所属)が所属するチーム「Knowall Library 5.0」が優勝し、ロシア国際大会への代表チームとして選出されました。

▼この記事は、以下に公開されています。
https://news.mynavi.jp/article/20130408-imaginecup2013jp/

【記録】国際大会出場&全国大会入賞!!の歴史を振り返ります
全国大会入賞・クリエイティブ甲子園2016全国大会「最優秀賞」(優勝相当)

 クリエイティブ甲子園2016全国大会
で、コンピュータ部3年の安松桜矢君(電子科3年a組)「最優秀賞」(優勝相当)を受賞しました!
 

 安松君は、災害時に道路が通行できるかできないかという、場合によっては人の生死を分けるとても重要な情報を実際に渋滞に巻き込まれたり、実際に通れたという人からの貴重な情報をスマホでキャッチし、知りたい人に配信するという防災アプリを考案しました。


全国大会入賞・IT夢コンテスト2017全国大会「優秀賞」(準優勝相当)

 IT夢コンテスト2017全国大会
で、コンピュータ部3年の河野晃暉君(電子科3年a組)が「優秀賞」を受賞しました!
 7月29日(土)神奈川県厚木市で開催された学生ITコンテスト「IT夢コンテスト2017」全国大会は、全国208点の応募から30点に絞られ本選審査が行われました。河野君は、ポスター発表による1次審査を経て8点に絞られた決勝審査で、堂々とプレゼン発表ができました。
 宮城県で東日本大震災を被災した河野君が、当時の避難所で物資が行き届かず不遇な死を遂げられた人々を見て奮い立った作品です。
 今後こうした孤立死をゼロにしたい!と、自衛隊に勤める父からの情報をもとに、企画・提案したアプリ作品が評価されました。

  

  

 1次審査(ポスター発表審査)の様子を写真上段に、そして決勝審査(プレゼン発表審査)と表彰式の様子を写真下段に示してあります。




全国大会入賞・IT夢コンテスト2016全国大会で敢闘賞

 平成28年7月30日神奈川県厚木市で行われた「IT夢コンテスト2016全国大会」で、コンピュータ部3年の尾崎仁紀君(電子機械科3年a組)が、敢闘賞を受賞
 全国242点の中から、35点が全国大会出場者です。静岡県からは、下田高校と科学技術高校、そして本校が選ばれました。   
 尾崎君は、子どもを心配する親の立場と自由に飛び回りたいけど、どこかで見守っていてほしい子どもの両方の立場にたち、プライバシーを考慮したスマホアプリ「安心マップ」を提案しました。練習の成果が発揮された堂々たる発表振りで、素晴らしいプレゼン発表ができました。


全国大会入賞・ケータイ甲子園2012全国大会「敢闘賞」(第3位相当)

 大分市で開催された、ケータイ甲子園2012全国大会
で、敢闘賞受賞しました。
 受賞した生徒は、コンピュータ部中心に結成された及川慎司君(電子科2年a組、庄内中学出身)、高田佑輝君(電子科2年a組、白須賀中学出身)、野末佳世さん(電子科3年a組、浜松天竜中学出身)の3名です。
   

 ケータイを使ったアプリを2020年オリンピックの東京招致を願って自作しました。この活動が実り受賞の運びとなりました。


国際大会出場・Imagine cup 2013 Rossia国際大会への出場権を獲得

 Microsoft社主催のImagine cup 2013 Rossia国際大会Windows Phone部門に、コンピュータ部中心に結成された「Team JOHOKU」([conpetitor]坂下和司君(電子科3年a組、雄踏中学出身)、沼田輝明君(電子科3年a組、江南中学出身)、及川慎司君(電子科3年a組、庄内中学出身)、高田佑輝君(電子科3年a組、白須須賀中学出身)、宮木あかねさん(電子科3年a組、庄内中学出身)、[mentor]森下博正(電子科教諭))が、出場権を取得しました(下記写真左)。

 ここで修練された技術が、後の東京ゲームショウなどへの出展の礎となっていきました(上記写真中と左)。

【資格取得】応用情報技術者に2年生2名が合格!!
2年生の竹山君と糟谷君、応用情報技術者に一発で合格!

10月に行われた秋期情報処理技術者試験で、
コンピュータ部で電子科2年の竹山宗佑君機械科2年の糟谷虎太朗君「応用情報技術者試験」に合格しました。
部員同士の競い合いの中で目標に向かって努力する姿は、他の部員の模範です。二人とも初めての応用チャレンジでの合格でしたが、計画的な学習活動の成果が実ったと振り返っています。

下記は、日々の学び合い・教え合いの姿と合格証を手にした二人の写真です。(いずれも写真左が糟谷君で右が竹山君です。)


【大会報告】IT夢コンテスト2017全国大会で河野君が「優秀賞」受賞!!
【IT夢コンテスト2017全国大会で河野君が「優秀賞」受賞!!】

IT夢コンテスト2017全国大会
」で、コンピュータ部3年の河野晃暉君(電子科3年a組)が「優秀賞」を受賞しました!
7月29日(土)神奈川県厚木市で開催された、学生ITコンテスト「IT夢コンテスト2017」全国大会にて、D3a 河野 晃暉君の作品(作品名:廻りまわって 手を取り合って!)が決勝審査に進み、「優秀賞」を受賞しました。尚、優秀賞は、最優秀賞の次の第2位相当にあたる賞で、河野君も「悔いはありません。自分の主張ができたと思います。」と満足げでした。
全国208点の応募から30点に絞られた今回の全国大会で、ポスター発表による1次審査を経て8点に絞られた決勝審査で、堂々とプレゼン発表ができました。
宮城県で東日本大震災を被災した河野君が、当時の避難所で物資が行き届かず不遇な死を遂げられた人々を見て奮い立った作品です。
今後こうした孤立死をゼロにしたい!と、自衛隊に勤める父からの情報をもとに、企画・提案したアプリ作品が評価されました。

  

  

1次審査(ポスター発表審査)の様子を写真上段に、そして決勝審査(プレゼン発表審査)と表彰式の様子を写真下段に示してあります。



【IT夢コンテスト2016全国大会で尾崎君が敢闘賞に入賞!!】

平成28年7月30日神奈川県厚木市で行われた「IT夢コンテスト2016全国大会」で、コンピュータ部3年の尾崎仁紀君(電子機械科3年a組)が、敢闘賞を受賞
全国242点の中から、35点が全国大会出場者です。静岡県からは、下田高校と科学技術高校、そして本校が選ばれました。   
尾崎君は、子どもを心配する親の立場と自由に飛び回りたいけど、どこかで見守っていてほしい子どもの両方の立場にたち、プライバシーを考慮したスマホアプリ「安心マップ」を提案しました。練習の成果が発揮された堂々たる発表振りで、素晴らしいプレゼン発表ができました。

【試験対策】応用情報、基本情報試験対策セミナー開催!
【試験対策】応用情報、基本情報試験対策セミナー開催!

平成29年9月17日、名古屋工学院専門学校から鳥居先生と北畑先生をお招きし、応用情報技術者試験と基本情報技術者試験の対策セミナーを実施しました。応用情報セミナーではネットワーク(写真左と中)、基本情報セミナーでは情報セキュリティとアルゴリズムに関する勉強ができました。

尚、8月1日には安藤先生と奥田先生をお招きしてデータベースに関する勉強も行っています。
  

【校内セミナー】「raspberry pi(ラズベリーパイ)」セミナー開催!
【校内セミナー】「raspberry pi(ラズベリーパイ)」セミナー開催!

平成29年8月16日と9月18日、顧問の先生によるraspberry pi(ラズベリーパイ)に関する校内セミナーを開催しました。

これまでraspberry piを使った取り組みでは、28年にraspberry pi 制御でLPCマイコンを動かしLED行灯やLEDキューブを点滅させるオブジェ作品を制作して、「掛川ひかりのオブジェ展」に出展しました。
また、29年度は、AndroidスマートデバイスからBluetooth通信でモータを動かす自動車をraspberry pi を使って制御する生徒研究に取組んでいます。
今回のセミナーでは、安価なraspberry piでC言語プログラミングを実施する勉強会を開催しました。

校内セミナーは、今後も部員からの希望を重視しながら今後も定期的に開催していく予定です。
   



【校内セミナー】「データベース」セミナー開催!

平成29年7月31日、顧問の先生によるデータベースに関する校内セミナーを開催しました。関係データベースに関する基本知識とスキーマやSQL文に関する内容を取り上げ、秋の基本情報や応用情報技術者試験に備えてほしいものです。
校内セミナーは、部員からの希望を重視しながら今後も定期的に開催しています。
  

【卒業生】社会人によるセミナー⑤ー小澤彩人さん
【卒業生】社会人によるセミナー⑤ー小澤彩人さんー

コンピュータ部の卒業生が部員たちの前で、社会人としての心構えやアドバイスをしてくれる「社会人によるお話」第5弾!!

今回は、8月17日に平成28年度(2016年度)卒業で電気電子工学系の大学で学んでいる小澤彩人さんが、プログラミングに必要な探索系の数学的アルゴリズムの活用と題したセミナーを実施してくれました。

  



【卒業生】社会人によるセミナー④ー沼田輝明さんー

コンピュータ部の卒業生が部員たちの前で、社会人としての心構えやアドバイスをしてくれる「社会人によるお話」第4弾!!

今回は、8月16日に平成25年度(2013年度)卒業で知識情報工学系の大学で学んでいる沼田輝明さんが、大学で研究している画像工学に関するお話に加え、高校時代に情報オリンピック全国大会に2年連続で出場した際に必死に勉強した思い出や必勝法などにも触れた話をしてくれました。

  



【卒業生】社会人によるセミナー③ー竹内和貴さん&山口風太さんー

コンピュータ部の卒業生が部員たちの前で、社会人としての心構えやアドバイスをしてくれる「社会人によるお話」第3弾!!

今回は、7月8日に平成27年度(2015年度)卒業で情報科学系の大学で学んでいる竹内和貴さんと浜松市内の大手光関連製品の開発・製造・販売をてがける企業に勤める山口風太さんがお話をしてくれました(写真右)。
竹内さんが、プログラミングに必要な数学的アルゴリズムの活用と題したセミナー。山口さんが、プログラミング技術向上に向けたテクニックに関するお話をしてくれました。
  



【卒業生】社会人によるセミナー②ー山田章弘さん&安松桜矢さんー

コンピュータ部の卒業生が部員たちの前で、社会人としての心構えやアドバイスをしてくれる「社会人によるお話」第2弾!!

今回は、5月28日に平成27年度(2015年度)卒業で浜松市内の大手光関連製品の開発・製造・販売をてがける企業に勤める山田章弘さんと安松桜矢さんがお話をしてくれました。
山田さんが、リーダーシップとビジネスマナーと題した講演(写真左)。安松さんが、組み込みマイコンによるモータードライバー制御に関するお話をしてくれました。
  

コンピュータ部では、毎年5~6回位卒業生が交代でお話をしてくれるため、先輩を囲んで自由な意見交換の場が実現します。


【卒業生】社会人によるセミナー①ー米山哲平さんー

コンピュータ部の卒業生が部員たちの前で、社会人としての心構えやアドバイスを話してくれる「社会人によるお話」第1弾!!

5月4日に平成20年度(2008年度)卒業で大阪府にあるソフト開発・製造の大手企業に勤める米山哲平さんがソフトウェア開発で苦労したことや本校コンピュータ部時代のエピソード、高校時代に運命的な出会いがあったお話などをしてくれました。
今回、今春と昨春の卒業生10名も参集し一緒に視聴しました。 第一線で活躍する現役プログラマの米山さんですが、今回、ゴールデンウィークで帰省した時の日程が合い実現しました。

【大会報告】クリエイティブ甲子園2016で「最優秀賞」受賞!!
安松桜矢君(D3a、浜松入野中学出身)が考案した防災アプリ、災害時の交通安全チェックアプリ「Safety Path」が、クリエイティブ甲子園2016において「最優秀グランプリ」を受賞しました。
 

安松君は、災害時に道路が通行できるかできないかという、場合によっては人の生死を分けるとても重要な情報を実際に渋滞に巻き込まれたり、実際に通れたという人からの貴重な情報をスマホでキャッチし、知りたい人に配信するというアプリを考案しました。

前へ