浜松視覚特別支援学校ホームページ
<$HEADER$>
 


 学校案内 学校経営 お知らせ 活動の様子
支援センター進路 視覚障害
 
ホーム>支援センター>超早期教育

  • 超早期教育
  • 教育相談
  • 福祉教育
教育相談の様子
寒い日が続いていますが、すくピヨ教室の子ども達はとても元気な姿を見せてくれています。
天気がいい日には、外で走ったり鉄棒にぶら下がったりして、体を動かすことも大切にしています。
今回は3名の相談の様子をお知らせします。

0歳児 Rさん
遮光眼鏡をかける練習中です。
ほらね。かけると眩しくないから、目はパッチリ開けられるね。
型はめパズルの型もよく見えるね。「三角どこかなー。」と探して入れてたね。
かけられる時間が少しずつ長くなるといいね。

1歳児 Yさん
ぶら下げた風船で遊びました。
先生が「アタック」と言うと、「アタッ」とまねをして言い、揺れる風船を見て両手ではじき飛ばしました。
感触と動きがおもしろかったのか、声を出して笑い、何度も何度も風船にアタックをしました。
笑い声と表情が最高でした。

2歳児 Yさん
絵本「のんたんのじどうしゃぶっぶー」をお母さんに読んでもらいました。
「赤い自動車、どこかな。」の言葉掛けに、両手で道をたどり、車を見つけ「あったー。」
この頃、「絵本、読んで。」と、お母さんに言うようになってきたとのことです。
たくさん読んでもらってね。

教育相談の様子
例年より少し遅く、校庭のイチョウの葉が黄色くなりました。
落ち葉で遊んだり、グランドを走ったり、外で体を動かすことが多かったです。
今回は4名の相談の様子を紹介します。

1歳児 Yさん
校庭のイチョウの葉でたくさん遊びました。
落ち葉の上を歩くと、カサカサ音がしたね。
「ほら見て。イチョウの葉っぱ、きれいね。」と言うと、じっと見つめて「きれいね。」と答えました。

1歳児 Rさん
自動販売機で遊びました。お金を入れて、欲しいお菓子のボタンを押すと、そのお菓子が出てきます。
お菓子を戻すときは、3つの型をよく見て、正しく入れました。すごいね。

1歳児 Rさん
お母さんと一緒に、落ち葉を手ですくってヒラヒラさせて遊びました。
「ひら ひら」と言いながら何回も頭の上から落としました。
ヒラヒラ舞い落ちてくる葉っぱの感触を楽しんでいました。

2歳児 Yさん
夏にきゅうりとトマトを採った畑。
今は何があるのかな、と話しながら行くと、葉の下には土から白い大根が頭を出していました。
お母さんと一緒に抜いたよ。
お母さんが、抜いた大根を触らせながら、「ツルツルしてるね。」と言葉をかけていました。

教育相談の様子
こんにちは。
緊急事態宣言が解除され、教育相談も再開しました。
10月前半は、風を気持ちよく感じながら外遊びをすることもできました。
今回は3人の相談の様子をお知らせします。

1歳児 Mさん
相談室入口の掲示が季節ごとに変わります。
眼鏡をかけ始めたばかりですが、上手にかけています。満月やお月見団子を見つけて、触りました。
ヒヨコさんの目も見つけて指差しして教えてくれました。

1歳児 Yさん
相談室にジャングルジムを設置しています。そこについているあんぱんまんを見つけ、初めて自分からジャングルジムの中をくぐりました。
頭をぶつけることなく、上手にくぐり、すべり台をすべりおりてきました。
お母さんや先生に、「上手」と褒められ、何回もすべりました。

2歳児 Yさん
つり橋を渡るのは2回目。前回、丸太と丸太の間に足が挟まる体験をしたので、渡る前に、手で触って丸太を揺らして確かめてから、渡り始めました。
鎖をしっかり握って、おかあさんの声のする方に、一人で歩いて渡りました。


教育相談の様子
毎日暑い日が続いていますが、相談に来校する子ども達はとても元気です。
今回は、色々な体験をしましたので、その様子をお知らせします。

1歳児 Mさん
校内の畑へ野菜の収穫に行きました。その時のお母さんの話しかけを紹介します。
母:赤いのどこかな。
Mさん:目をきょろきょろさせて探す。
母:赤いのあったかな。指さしてみて。
Mさん:見つけて指さしする。
母:そうそう。ミニトマトあったね。取っていいよ。
この後、トマトのへたを取って袋に入れるMさんを見て、びっくりでした。

1歳児 Yさん
個別の相談で、七夕をやりました。
笹竹に触った後、願い事を書いた短冊や、お星さまの飾りを笹にかけました。
キラキラしている飾りを見つけ、思わず手を伸ばしました。きれいだね。

2歳児 Yさん
学校の大プールに初めて入りました。
水遊びは大好きですが、始めは恐々手を伸ばし、水に触れていました。
保育者がおんぶや抱っこをして、水の中でしゃがんだり歩いたりすると少しずつ慣れて、この笑顔です。

教育相談の様子
今月は新しい絵本やおもちゃが届いたので、初めて触れるおもちゃをじっくり楽しみました。今回は3名の様子をお知らせします。

1歳児 Mさん
「あんぱんまんはどっちかな?」と、2枚の絵カードを見比べたり、いろいろなキャラクターの中からあんぱんまんを探したりしました。よく見て探し、指さしして教えてくれました。

2歳児 Iさん
県外在住で来校が難しかったため、リモートで相談を行いました。初めての試みでしたが、家庭にある好きなおもちゃで遊ぶ様子を見たり、家での様子を知ったりと、本校での相談時では見ることができない姿を見ることができました。

2歳児 Yさん
レーズライターを使って、線描きを試みました。生まれて初めての「書く」という動作に戸惑っている様子でした。これから、お母さんや先生と一緒にペンを持って、線を描いてみようね。

前へ


トップページへ戻る