静岡県立浜北西高等学校 ホームページ
学校案内保護者様へ配布物進路部活動ブログ受検生へアクセス
 
ホーム>部活動>総合文芸
R3.7.27 総合文芸部(英語)活動予定
映画を観て、ストーリーに関する質問に英語で答える活動をしています。
  4月9日(金)~6月5日(土)文化祭の準備
●1学期活動日(4回)
  ①6月11日(金)
  ②6月18日(金)
③6月25日(金)
④7月9日(金)
  ●2学期活動日(9回)
  ⑤9月10日(金)
  ⑥9月17日(金)
  ⑦9月24日(金)
  ⑧10月1日(金)
  ⑨10月22日(金)
  ⑩10月23日(土)
  ⑪10月29日(金)
⑫11月5日(金)
⑬11月12日(金)
  ●3学期活動日(4回)
  ⑭1月14日(金)
  ⑮1月21日(金)
  ⑯1月28日(金)
  ⑰2月4日(金)
  15:40~16:30(LL教室



第22回俳句俳句甲子園名古屋大会出場
初出場ながら優勝校に1勝

 6月9日日曜日、第22回全国高等学校俳句選手権大会(俳句甲子園)東海地区名古屋大会が、名古屋市立大学を会場に開催された。第1会場、第2会場に分かれて試合が行われ、第2会場の浜北西校は、豊橋西高、岡崎東高A、幸田高Bの各チームと3試合ずつの対戦をした。結果はどの学校にも、1勝2敗の成績であった。初出場ということもあり、生徒たちはだいぶ緊張気味であったが、このような規模の大会に参加できよい経験を積むことができた。中でも、優勝し全国大会に出場する岡崎東高Aチームに1勝できたことは、

大きな自信になったことであろう。

【兼題】「風光る」

(先鋒) 風光る夢追い人の旅の跡     本間尊
(中堅) 道行けば薄桃色の風光る     久保田愛美
(大将) 風光る教科書にある地獄絵図   栗田真吾

【兼題】「ぶらんこ」

(先鋒) ブランコや揺られ揺られて恋心    久保田れい
(中堅) 一回転大ブランコの小宇宙      本間尊
(大将) ぶらんこの届かぬ高み手を伸ばす  藤森聖弥

【兼題】「蝶」

(先鋒) 青空の光となりて蝶の舞    栗田真吾
(中堅) 初蝶や園児らの列伸び縮み    本間尊
(大将) 雨上がり始発の汽笛蝶が舞う 久保田愛美


△ 会場の名古屋市立大学正門にて

総合文芸部(旧文芸部班)
浜北西高文芸部顧問 市川敏高

 浜北西高文芸部は、基本的に週一回金曜日放課後の活動を目安とし、勉強との両立を目指しています。したがって、学期中や夏休み中の課外授業なども積極的に受講する生徒も多くいます。六月の文化祭後は三年生19人が引退し、現在二年生3人、一年生17人で計20人で活動しています。
 活動方針としては、文芸活動を通して表現力を磨くこと、いろいろな文芸コンクール等に応募して、自分の作品を創作する力を高めることを目標にしています。特にこれからの社会でも必要とされるディベート力なども養っていきたいと思っています。そのための一つの機会として、「高校生俳句選手権」(詳細は後日お知らせ)にも参加する予定です。今の一.二年生は、俳句、詩、小説など様々なジャンルに挑戦したいという意欲があるので期待しています。
 「楽しくなければ文芸部じゃない」こういう雰囲気を目指しています。何度もノーベル賞候補になっている作家の村上春樹は、「自分が楽しむために書く」、 「自分が気持ちよくなることだけを意識して小説を書いている」と言っています。我々文芸部もこうした境地を理想として活動してゆきたいと思っています。


{主な実績}

・平成30年度 浜松高校生俳句選手権準優勝     

・第22回全国高等学校俳句選手権大会(俳句甲子園)東海地区名古屋大会出場

・第八回静岡産業大学俳句コンテスト
    鷲崎賞〔学長賞〕
    佳 作