榛原高校ホームページ
 
お知らせ 学校行事 榛原高校案内 進路情報 中学生の皆さんへ 理数科 部活動紹介 教育相談交通アクセス同窓会 PTA 定時制課程
 
ホーム>理数科>理数科行事

  • 理数科概要
  • 理数科行事
  • 進路状況
イングリッシュキャンプを実施しました!!




 1年生38人、2年生5人の43人が参加しました。
 アジアでもトップクラスのシンガポール国立大学(NUS)の大学生7人を講師に迎え、静岡産業大学藤枝駅前キャンパス(Biviキャン)をメイン会場に12月22日(土)から26日(水)の5日間にわたって行いました。
 英語4技能の習得やコミュニケーション力、表現力を身に付け、グローバルな視野を広げることを目的として実施し、生徒たちは英語漬けの5日間を過ごしました。

イングリッシュキャンプ(プレキャンプ)を開催しました。




 11月10日(土)、17日(土)、静岡産業大学藤枝駅前キャンパス(Biviキャン)にてイングリッシュキャンプ(プレキャンプ)を開催、1〜3年生の17人が参加いたしました。本講座は、英語でのコミュニケーションを体験するとともに、英語の4技能の習得や表現力を身に付け、グローバルな視野を広げることを目的としています。
 当日は、オーストラリア在住でESLの資格を持つ3人の先生方のもと、英語での自己紹介やゲーム、ディスカション等の活動を展開しました。本活動は12月末に行われる5日間のイングリッシュプログラムヘと続きます。

海外研修を実施しました。




 10月9日(火)〜13日(土)、3泊5日の行程でシンガポール共和国を訪問しました。初日の移動・市内研修に続き、2日目は「NeWater Visitor center(シンガポール公益事業庁:PUB)」にて廃水を再生する技術について英語でのレクチャーを受けました。3日目は「シンガポール国立大学(NUS:National University of Singapore)」を訪問、現地学生との英語での討論活動の他、キャンパスツアーや医学部附属癌科学研究所(CSI:Cancer Science institute)での講義及び研究室見学を実施しました。その他、全体での市内研修、4日目はそれぞれのテーマをもとに班別による自由研修を行い、深夜便にて帰国いたしました。

ヒルズ学園の生徒が本校を訪問しました。


 9月26日(水)〜28日(金)、オーストラリア・ヒルズ・インターナショナル・カレッジの生徒7人が引率の校長先生夫妻と来校、ホームステイを行いながら理数科2年生及び普通科3年生の授業に参加いたしました。
 当日は理数科2年生の通常授業に参加、英語によるコミュニケーションの活動の他、化学実験、理数数学等を体験しました。また、普通科3年生フードデザインの授業に特別参加しながら、和菓子づくりを挑戦しました。

科学研修(横浜・東京方面)を実施いたしました。


 8月20日(月)、21日(火)、国立遺伝学研究所(静岡県三島市)の訪問及び横浜・東京方面での科学研修を実施しました。遺伝学研究所では研究者の方々による専門の講義及び研究室見学を行いました。
 横浜・東京方面では、横浜八景島シーパラダイス、日本科学未来館などの自然科学施設を中心に研修を行いました。

情報科学講座を開催しました。


 8月10日(金)、静岡産業大学藤枝駅前キャンパス(Biviキャン)にて情報科学講座を開催しました。本講座は、プレゼンテーションに係る実践指導を通じて、表現力や対話能力の向上を目指しています。
 当日は、堀川知廣情報学部長による講義「効果的なプレゼンテーション」に続き、「日本や静岡が抱える課題」をテーマにグループ毎、解決に向けた地域の取組について情報収集や分析からプレゼンテーションの作成・発表までコンテスト形式で競い合いました。

静岡がんセンターを訪問しました。


 8月6日(月)、医学部、薬学部への進学を目指す2年生6名が静岡がんセンター及び同研究所を訪問しました。
 楠原正俊 研究所副所長の案内で手術室、内視鏡センター、病理検査室、化学療法・支持療法センター、緩和別棟、医局等を見学しました。また、研究所ではゲノム医療に関する講義及び次世代シークエンサーの見学を行いました。

夏期勉強合宿を実施しました。


 8月1日(水)〜5日(日)、菊川市にある静岡県農業研修会館にて、理数科1年生と2年生を対象に勉強合宿を実施しました。

 本合宿は長期休業中の学習習慣の定着と学力向上を目的として、午前8時から午後10時まで英・数・国の講義や演習を中心に展開されます。

 また、3日(金)には1年生を対象に、北海道大学 人獣共通感染症リサーチセンター教授(センター長)鈴木定彦 氏(本校卒業)による特別講演も行われました。

第1回 科学講演会を開催いたしました。


 6月19日(火)、理数科1年生を対象として、遺伝子解析の専門機関である㈱ジェネテック主席研究員 花森功仁子先生を招いての講演会を実施いたしました。
 先生からは「考古学から科学捜査、分子生物学」との演題で、DNA鑑定技術が科学捜査から、考古学、食品鑑定、在来種の同定など幅広く利用されていることや、科学技術の利用には理数系の知識だけではなく、法律や倫理といった側面に対する配慮が必要なことなどについてお話をいただきました。

第1回 ワークショップを開催いたしました。


 5月21日(月)、理数科1年生を対象にワークショップ形式による授業を実施いたしました。
 牧之原市の職員の方から「市の取組と協働推進ファシリテーター」についての説明を受けた後、会議ファシリテーター普及協会の小野寺郷子氏の進行によって「地域資源とテクノロジーの融合による発信~魅力あるまちにするために」をテーマに、議論や意見を集約しながら発表を行いました。
 学んだ技術は今後の学習への取組、課題研究やESLプログラムなどの活動へとつなげいきます。

順天堂大学・附属静岡病院を訪問しました。


 12月22日(金)、医療系(医学部、薬学部)への進学を目指す2年生7名が順天堂大学保健看護学部及び同大学医学部附属静岡病院を訪問しました。
 大学の概要説明、公衆衛生学に関する講義の後、在宅看護論の授業や実習施設を見学しました。
 附属病院に移動後は、救命救急施設、内科病棟、新生児ICU、ドクターヘリ施設等を見学しながら担当者からお話を伺いました。また、本校出身の医療者の方との質疑応答や医療者としてのやり甲斐などのアドアイスをいただきました。

課題研究発表会を開催しました。


 11月16日(木)、静岡大学学術院農学領域 准教授 一家崇志 先生を講師にお招きして、理数科1・2年生による課題研究発表会を実施しました。
 研究のタイトルと発表順は以下のとおりです。

 1 最強の防波堤を作る (物理1班)
 2 人工ハチミツの開発について (化学1班)
 3 納豆菌で水質浄化 (生物班)
 4 棒消しゲームの攻略法 (数学1班)
 5 最もよく飛ぶ飛行機とは (物理2班)
 6 苦味のないコーヒーを作ろう (化学2班)
 7 私たちの地域の健康意識に関する調査 (メディカル班)
 8 オリジナルボードゲームにおけるAIの開発 (数学2班)

 審査の結果、数学2班「オリジナルボードゲームにおけるAIの開発」が3月に行われる静岡県理数科課題研究発表会の代表に選出されました。