榛原高校ホームページ
 
お知らせ 学校行事 榛原高校案内 進路情報 中学生の皆さんへ 理数科 部活動紹介 教育相談交通アクセス同窓会 PTA 定時制課程
 
ホーム>部活動紹介>家庭部

  • 陸上競技部
  • 女子バレーボール部
  • 男子バスケットボール部
  • 女子バスケットボール部
  • 男子サッカー部
  • 女子サッカー部
  • ソフトテニス部
  • 男子硬式テニス部
  • 女子硬式テニス部
  • 野球部
  • 剣道部
  • 卓球部
  • 弓道部
  • アーチェリー部
  • バドミントン部
  • 美術部
  • 書道部
  • 吹奏楽部
  • 棋道部
  • 家庭部
  • 英語部
  • 演劇部
  • 科学部
  • 茶華道部
  • 合唱同好会
  • 同好会・愛好会
家庭部
☆平成30年度

「日本キルト大賞 ユース部門」(今年度新設)で「入選」しました。(2019.2)


 「第18回東京国際キルトフェスティバル-布と針と糸の祭典-」コンテスト「日本キルト大賞 ユース部門(16歳~19歳)」で、現2、3年生が2017年10月から2018年7月にかけて制作した「私たちの咲く場所」「入選」しました


 作品は、1月24日(木)~30日(水)に東京ドームで開催された「第18回東京国際キルトフェスティバル-布と針と糸の祭典-」会場に展示されました。




 1月26日(土)に家庭部の1、2年生が見学に行きました。会場には、夏休みに個人製作した「パートナーシップキルト」も全国から応募されたみなさんの作品とともに1つのキルト作品になって展示されました。

(東京国際キルトフェスティバルについては、公式ホームページがありますのでご覧ください。パートナーシップキルトは37番です。)







「高校生による和の給食コンテスト」(静岡県志太榛原農林事務所主催)で、1年生の平出遥乃さんの「具だくさん栄養たっぷり給食」が「最優秀賞」になりました。(2018.11)


 1次審査(書類審査)を通過し、11月18日(日)に藤枝市の東海ガスくりっぴープラザで2次審査会(実技審査)が行われました。他の参加者はグループでしたが、平出さんは1人でよくがんばりました。審査員の方々に試食していただいた結果、「最優秀賞」をいただくことができました。





JAハイナン農協祭(榛原地区・JAハイナン)でお茶のカップケーキとクッキーを販売しました。(2018.11)


 11月10日(土)のJAハイナン農協祭で、牧之原市のお茶「望」を使ったカップケーキとクッキーを販売しました。







今年も「クッキー」「牧之原茶・望のカップケーキ」「シュシュ」を販売しました。(榛の木祭)  2018.6.2(土)


 榛の木祭のテーマである「カラフライズ」にあわせ、家庭部のテーマは「彩」


 料理や部屋のインテリアなど生活の様々な場面の「彩」について考えてみました。また、今年も「JAハイナン」さんに御協力いただき、牧之原市のお茶「望」を使ったカップケーキを作って販売しました。クッキーもカップケーキもシュシュも完売でした。ありがとうございました。







☆平成29年度


夏休みに作ったミニキルトが「第17回東京国際キルトフェスティバル-布と針と糸の祭典-」会場(東京ドーム)に展示されました。  2018.1.25(木)~31(水)


 今年のミニキルトのテーマは「生命の木」。NHK「すてきにハンドメイド」で募集があり、1年生5人、2年生17人、顧問の計23人が夏休みに15cm×15cmの「生命の木(部員が描いたオリジナルの絵です)」を作り、応募しました。全国から送られたミニキルトは9,141点。これらが60点の大きな作品になり、会場に展示されました。(本校のものは、27番・28番)


 27日(土)に東京ドームに見学に行き、自分の作品を確認するとともに、来年度の作品のヒントをたくさんもらってきました。







「県ケアごはんアイデアコンクール最終審査会(県大会)」2年生の澤入菜香さんが、優秀賞を受賞しました。(2017.7)


 夏休みに応募した作品(海老てんこもりしんじょ)が、中高生部門上位5点に選ばれ、11月12日(日)に鈴木学園中央調理製菓専門学校で行われた最終審査会に参加しました。調理時間は1時間、2年生の増田穂乃花さんに手伝ってもらいながら緊張の中がんばって調理しました。結果、駿河総合高校チームには及びませんでしたが、優秀賞2作品の1つに選ばれました。
なお、昨年度優秀賞をいただいた現2年生の松下心さんの作品(さくらえび香る黒はんぺんの和風ハンバーグ)のレシピは県介護保険課のホームページで紹介されています。




               海老てんこもりしんじょ




「高校生による和の給食コンテスト」(静岡県志太榛原農林事務所主催)で、1年生の大石春華さんの「地元の味力(みりょく)給食」が「最優秀賞」、2年生チーム(小林由季さん・小野田彩花さん・石神春花さん・河村ひなさん)の「“栄養たっぷり”給食」が「優秀賞」になりました。(2017.11


 夏休みに取り組み、応募した作品が1次審査を通過し、11月19日(日)に藤枝市の東海ガスくりっぴープラザで行われた2次審査会で入賞しました。最優秀賞の大石さんは、志太榛原地区の代表として、1月13日(金)にアクトシティ浜松で開催される「ふじのくに 食と花の都の祭典」でコンテスト参加の経緯や献立のポイントなどについて発表します。


 
   
 地元の味力(みりょく)給食        “栄養たっぷり”給食   



「キルト&ステッチショー2017 キルトコンテスト ジュニア-中高生部門(共同制作)」で「最優秀賞」を受賞しました。







・昨年度から開催されている「キルト&ステッチショー2017 キルトコンテスト」(主催 公益財団法人日本手芸普及協会 共催 株式会社ヴォーグ社)のジュニア-中高生部門(グループ制作)で、現2・3年生が昨年10月から今年6月にかけて制作した「私たちの通過点」が「最優秀賞」を受賞することができました。

・作品は、10月3日(火)~5日(木)に池袋サンシャインシティコンベンションセンター展示ホールで開催された「キルト&ステッチショー2017」会場に展示されました。

・10月3日(火)に行われた表彰式に、3年生4名が出席して、賞状と賞品目録(ミシン)をいただいてきました。

・作品は、これから新潟(10月)、大阪(12月)、名古屋(3月)会場で展示されます。(2017.10)



☆平成28年度



「キルト&ステッチショー2016 キルトコンテスト ジュニア-中高生部門(共同制作)」で「審査員賞」を受賞しました


 今年度初めて開催された「キルト&ステッチショー2016 キルトコンテスト」 (主催 公益財団法人日本手芸普及協会 共催 株式会社ヴォーグ社)のジュニア-中高生部門(グループ制作)で現2・3年生が2015年10月頃から今年6月かけて制作した「咲き誇れ ふるさと」が審査員賞を受賞しました。併せて、今年の春卒業した生徒と現3年生が制作した「未来~守らなければならないもの~」が入選しました。
 2つの作品は、9月15日(木)~9月17日(土)に東京ビッグサイトで開催された「キルト&ステッチシュー2016」会場に展示されました。
 15日(木)に行われた表彰式に、3年生のキルト担当者が出席して、賞状をいただきました。(2016.9.20)


文化祭で展示、クッキー及びお茶カップケーキを販売しました


・今年のテーマは、「ふるさとぴっく」

 牧之原市を中心に、天竜川から富士川までの間の地域の農産物などについて調べ、それを使った料理などを作って報告しました。また、例年のクッキーに加え、今年は「JAハイナン」さんに御協力いただき、牧之原のお茶「望」を使ったカップケーキを作って販売しました。


・キルトのタイトルは「咲き誇れ ふるさと」(縦142cm×横195cm)

 大井川鉄道を走るSLをイメージして制作しました。