静岡県立袋井高等学校ホームページ
静岡県立袋井高等学校 題字:清水帆花(書道部)

ホーム>部活動ニュース>女子テニス部
令和元年 インハイ予選 結果
5月5日に日本平テニスコートにて学校対抗戦が行われました。

      




「結果」
ダブル   佐野 桜子・寺田 愛美
シングル  中野 陽香
      荒井 瞳
      寺田 妃織

2回戦  対 駿河総合  2-0 勝利
3回戦  対 静岡市立  0-2 敗退 

 この試合が3年生の最後の試合となりました。昨年は初戦敗退だったため、先輩たちの無念をはらすべく、初戦突破を合言葉に選手達は頑張りました。初戦は緊張した中での試合となりましたが、ダブルス、シングルともに何とかポイントを重ね、初戦突破をすることができました。3回戦はさすがにいつものテニスができずに完敗、団体戦県ベスト32で終わりました。しかしながら、最後まで勝負を諦めず食い下がっていこうとする姿は、後輩たちの目に焼き付いたことでしょう。3年生たちには、この経験を活かし、次のステージに向け自分を更に磨いていってほしいと考えます。3年間よく頑張りました。

 
                                (応援してくれたOGと一緒に)

第39回 袋井市長杯テニス大会の結果
第39回袋井市長杯テニス大会高校生ダブルスが、7/21に静岡理工科大学で行われました。今年は例年にも増して暑い大会となりました。







 本校生徒は、ほぼ初戦を突破し、3回戦に進みましたが、後一歩力及ばず、ベスト4に入ることはできませんでした。日頃から練習に真面目に取り組んでいる成果が徐々に試合で発揮されるようになってきていますが、試合を勝ち抜いていくには、まだまだ技術を磨いていく必要があります。この暑い夏に自分の目標に向かい、更に頑張って欲しいと考えます。

主な結果  「準々決勝」
        中野・佐野 組  2-6 で敗退   (対 磐田農業)

平成30年度 インハイ県大会団体戦結果
去る5月5日、愛鷹総合運動場テニスコートにて、団体戦の県大会が行われました。
本校は1回戦で東部の沼津西高校と対戦しましたが、接戦の末、残念ながら初戦敗退となりました。
あと一本ポーチボレーやグランドストローク、レシーブが決まれば形勢は逆になっていただろうと思われる試合展開でした。選手は本当によく頑張りました。

ダブルス    増田・林  4-6
シングル1   内藤    1-6
シングル2   稲垣    5-2 (途中打ち切り)
補欠       岡本・平松



 この大会が3年生の最後の試合となるため、団体戦メンバーはもちろんのこと、部員一丸となって初戦突破をめざし練習を重ねてきました。あと一歩力が及ばなかったという結果に終わりましたが、ここまでいろいろな困難を乗り越えてきた3年生たちは、最後まであきらめずに試合に臨み、全力のプレーや全力の応援をみせてくれました。その姿勢は後輩たちの脳裏に焼きついたのではないかと思います。ここまで頑張ってきた経験を忘れることなく、次のステージの目標に向かって再び努力を重ねていって欲しいと考えます。

平成30年度 インターハイ西部予選 (D、S)
平成30年度のインターハイ西部予選が4月7日、14日と行われました。
毎年のことですが、テニス部は他の部に先駆けて4月初旬からインハイ予選がはじまるため、特に3年生はこの個人戦にかける意気込みが強く感じられます。
 本校でもダブルスで8組、シングルで15名が参加しました。



(主な結果)
ダブルス   3回戦敗退     稲垣・岡本組(3年)   
                 内藤・鈴木組(3年)                    
 
シングルス  3回戦敗退     稲垣(3年)
                 増田(3年) 
                 中野(2年) 
                 寺田妃(2年)  

  

 

 

 あと一歩で勝利をつかむ試合が随所でみられましたが、残念ながら県大会出場はならずでした。体力・脚力とどんな場面でもぶれない体幹の強さが今後の課題になります。
しかしながら、この1年間の部員たちの成長は目覚しいものがあり、技術t期にも精神的にもよく頑張ったと感じています。特に3年生たちには、この悔しい経験や挑戦する気持ちを忘れることなく、次のステップへの原動力として、次の目標を目指して更に努力を続けて欲しいと思っています。

H27 アズマカップ結果
残念ですが、3回戦突破ならず、でした。

前日の雨により、コート整備中。試合の待機時間に勉強をしています。

というわけで、パチリ!





負けても、次を目指して努力をしましょう。
次に期待です!