袋井商業高校ホームページ
 
学校紹介 教育課程 進路情報 学校生活 部活動
中学生の皆さん在校生・保護者用袋商ショップ卒業生の皆さん部活動ガイドライン
 
ホーム>袋商ショップ>袋商ショップ

  • 袋商ショップ
第17回 袋商ショップ 二日目
12月8日(日)

袋商ショップ二日目が行われました。いい天気に恵まれ、多くのお客様にご来店

いただき、 ありがとうございます。

お客様の声を生かし、第18回に向けて準備をしていきたいと思います。

 

  



第17回 袋商ショップ  開催
本日12月7日(土)第17回袋商ショップが開催されました。

寒い中でしたが、雨に降られることもなく多くのお客様にご来店いただきました。

ありがとうございました。

明日8日も9時から15時の営業になります。

商品知識を身につけ、準備をしてまいりました。おもてなしの心で接客いたします。

ぜひご来店ください。

 

 


第17回袋商ショップ 開店式
12月2日(月)開店式

本日、多くの来賓の方に出席いただき、第17回袋商ショップ開店式が行われました。

社長から、先日のチラシ配りの際に、地域の方から応援や励ましの言葉をいただいた

ことに対して改めて袋商ショップが多くの人から支えられていることを実感するとともに

16回開催されてきたことで、地域に定着してきた袋商ショップであることを知って

もらいたいと話がありました。今年の目標達成を目指し、商品知識やお客様のニーズに

あった接客をすることでお客様も楽しい・私たちも楽しい、そんな袋商ショップにしていきます。

 

本部仕事説明会
10月30日  本部仕事説明会を行いました。

当日はクラスの販売以外にもお客様を迎えるためのさまざまな仕事があります。

その仕事内容を把握し、お客様にスムーズなサービスができるように

努めます。

・イベント(ちびっこ広場、抽選会、手づくり工房、お茶会、吹奏楽、働くクルマ など)

・パーキング(ヤマハ発動機グローバルパーツセンターの駐車場にて業務)

・案内(総合案内所やパンフレットの配布、アンケート回収などの業務)

・経理(販売や売上集計などの業務)

・店長、副店長(当日までの準備)    など

 


朝礼
11月1日(金)

ショップの朝礼を行いました。いよいよ袋商ショップまで1か月になりました。

社長の宮崎から

今年の重点目標である  基礎的な商品知識を身につけ、販売にいかす

                お客様のニースに応える接客をする
  
           関わってくださる全ての方に感謝し、期待に応える袋商ショップの実現

を達成できるように、あと1か月準備をしていきましょうと話がありました。

また、ショップまでの流れを確認しました。

お客様に楽しんでお買い物をしていただくために一生懸命取り組みますので

ぜひ、12月7日(土)8日(日)9:00~15:00 第17回袋商ショップにお越しください。

お待ちしております。

 

社員研修
10月2日(水)総合的な学習の時間に社員教育として、接客マナーの学習をしました。

講師はイオン袋井店 店長 島田 様にご来校いただきました。

働くことの目的として、仕事を通じて成長し、自分の人生を生きるということや集団と組織

の違いなどの話を実習を交えながらの講話でした。

より良い組織となるように人間関係を築き、お客様の視点に立った考え方で袋商ショップ

当日を迎えたいと思います。

  

社員総会
5月8日(水)に社員総会を行いました。

今年度は12月7日(土)、8日(日)に開催いたします。

社長より事業目標・事業計画の話がありました。

お客様の立場にたった接客や基礎的な商品知識を身につけて応対を

心がけることにより、お客様にまた来たいと思ってもらえるように

しっかりと準備をしていきましょう。と話がありました。

その後、ショップまでの流れとして昨年度の様子を振り返りました。

 

入社式
4月5日(金) 袋商ショップ入社式を行いました。

宮崎社長より、校訓である「責任・秩序・礼儀」を守り、お客様に満足してもらえる

袋商ショップにしていきましょうと 挨拶がありました。

また、挨拶練習などを行い、新入社員の一歩を踏み出しました。新入社員を代表して

石川さんが元気よく挨拶をしてくれました。

 

袋井市役所総合戦略室とコラボレート
 袋井市市長公室総合戦略室様には厚く袋商ショップを支援をしていただき、広報誌“やらまいか通信”にも、次のとおり商業デザインコンクールについて掲載していただきました。やらまいか通信vol168
 

 
利益にかかわらず地域の教育を支えている会社・商店様として袋商ショップ協力業者様を考え、この地域貢献の姿勢をソーシャル・ビジネスの在り方としてとらえ、県西部地区に知っていただきたいという願いから、商業デザインコンクールを実施しています。