アクセスカウンター


富士宮北高校の紹介動画 (NEW)


                                 ※東海大会出場は部活動のページをご覧ください
 
北高ニュース学校生活部活動保護者の皆様中学生の皆様
警報・地震対策アクセス北嶺会(同窓会)様式集オンリーワン・ハイスクール 

  • 学校案内
  • 学校概要
  • オンリーワン・ハイスクール
  • 北高ニュース
  • 学校生活
  • 部活動
  • 中学生の皆様
  • 保護者の皆様
  • 警報・地震対策
  • アクセス
  • 北嶺会(同窓会)
  • 様式集


5月18日 3年生進路ガイダンス(就職)
5月18日(水)に3年生の就職希望者を対象とした進路ガイダンスが行われました。就職担当の先生から求人票が受付されてから、就職試験が始まるまでの流れや就職のルールの説明がありました。就職希望者は、長く働ける自分にあった企業を選べるように昨年度の求人票を見て、就職の準備をしていきます。

 

5月18日 Chromeブック配付!
Chromeブックが納品され、本日、1年生への配付を行いました。
今後はGoogleClassroom、ロイロノート、ClassPad等を利用しながら、授業や学校生活で活用していきます。

    

5月17日 ClassPad利用説明会
1年生のChromeブック導入に先駆け、カシオ計算機株式会社の方をお招きして、オンライン辞書やデジタルノート機能を搭載したClassPadの教員向け研修を行いました。
国語や英語の授業はもちろんのこと、様々な場面で活用していけるように研究していきます。1年生のChromeブック導入に先駆け、カシオ計算機株式会社の方をお招きして、オンライン辞書やデジタルノート機能を搭載したClassPadの教員向け研修を行いました。
国語や英語の授業はもちろんのこと、様々な場面で活用していけるように研究していきます。



5月16日 3年生保護者対象進路説明会
3年生の保護者に高校卒業後の進路説明を行いました。大学や専門学校への進学を希望する生徒の保護者には体育館で、入試の仕組みや受験にかかる費用のことなどを説明しました。就職を希望する生徒の保護者には北嶺館にて、今後の日程や就職のルールについての説明をしました。

 
 


5月12日 自転車盗防止対策 B・B・5作戦会議
今年度1回目の自転車盗防止対策会議(B・B・5作戦会議)が富士宮市民文化会館にて行われました。
約15年前にこの活動が始まった当時は、年間270件もの自転車盗難が富士宮市内で発生していたそうです。高校生による地道な活動の成果により、昨年の自転車盗難は30件で過去最小となりました。今年もさらに自転車盗難の被害を減らせるように、啓発活動に尽力していきます。
今年度は本校から作戦会議本部長が任命されました。駐輪場ではツーロックを心掛けましょう。

5月12日 生徒会 富士宮北分校との顔合わせ
4月から、前期生徒会役員に入れ替わり、分校生徒会との顔合わせを行いました。北嶺祭文化の部では、分校の紹介ポスター作成を予定しています。今後も、多くの活動を共にすることで、交流を深めていきたいです!顔合わせでは、一人一人自己紹介を行いました。
 

5月10日 ゼロの日(交通安全街頭指導)
今年度1回目となる「ゼロの日」を実施しました。
富士特別支援学校富士宮分校の生徒さんと本校の交通安全委員が、校門や街頭に立ち交通安全を呼びかけました。新生活にも慣れが出始め、連休明けの気の緩みから事故が発生しやすくなります。改めて交通安全の意識を高めていきたいです。
めざせ 事故ゼロ!

5月9日 前期生徒総会
本日、生徒会認証式・前期生徒総会が行われました。生徒会、各専門委員会から後期の活動報告、前期の活動計画や学校への提案が伝えられました。生徒会、専門委員会が中心となり、より良い富士宮北高校を創っていきます!
 

5月2日 消費者教育出前講座
5月2日(月)LHRで、静岡県東部県民生活センターの大石美津子様を講師にお招きして2・3年生を対象に消費者教育出前講座が行われました。未成年者が保護者の同意を得ないで契約をした場合は契約を取り消すことができ、未成年者と成年者ではリスクが違うことなど、成年を迎える前に必要な消費生活の基礎知識を教えていただきました。

  

4月27日 1年生 総合的な探究の時間(タンタンタイム)
今日のタンタンタイムでは、出身中学の魅力をクラスメイトにインタビューしました。そのときに、どのように質問をしたら相手が答えやすいか、どのように答えたら相手が分かりやすいかを考えました。今回はこのような気付きがありました。
・長く話すと分かりにくくなる 
・自分には語彙力がまだない
・あいづちを打ってくれると安心する
・目を見て話すことがやっぱり大切
・相手が答えやすくなるためには、自分も例を出したほうがわかりやすい
・多方面から物事を考えるコツが以前より身に付いた。
 話し方や聞き方を工夫するだけで、話が深まることに気づいた生徒が多かったようです。

 
 

全ての記事を見る