富士宮東高等学校ホームページ
 
学校案内 部活動 事務室より 在校生へ 警報・地震対策 中学生の皆さんへ アクセス
 
ホーム>部活動>バドミントン

令和元年度 新人戦県大会 結果
○男子学校対抗(令和元年10月19日 沼津市民体育館)

   1回戦 1-3 対 島田商業高校


○2年男子ダブルス(令和元年10月26日 清水桜が丘高校)

   渡邉 光・松倉光汰ペア

   1回戦 2-1 対 米原・柴田(静岡大成))
   2回戦 2-1 対 佐野・萩原(富士東)
   準々決勝 0-2 対 早川・高柳(星陵)    ベスト8


○2年男子シングルス(令和元年10月27日 清水桜が丘高校)

   渡邉 光

   1回戦 2-0 対 北野谷(浜松大平台)
   2回戦 0-2 対 藤原(富士見)      ベスト16


応援ありがとうございました。
今後は2月の東部選手権や4月のインターハイへ向けて、
基礎から見直し取り組んでいきたいと思います。

令和元年度 新人戦東部地区予選 学校対抗 結果
10月5日(土)・14日(月)に新人戦東部地区予選の学校対抗戦が行われました。
  〔会場:三島市民体育館(女子)、星陵高校・富士宮北高校・富士宮東高校(男子)〕
 
 〇男子学校対抗

  1回戦 相手校棄権のため不戦勝
  2回戦 3-2 対 富士宮北高校
  準決勝 0-3 対 星陵高校
  3位決定戦 2-3 対 富士高校  
 
  この結果、東部4位となり県大会出場が決まりました。

 学校対抗戦の県大会は10月19日(土)、20日(日)に沼津市民体育館にて行われます。
 厳しい戦いが予想されますが、東部大会以上に良い試合ができるように準備したいと思います。

令和元年度 新人戦東部地区予選 個人対抗 結果
9月22日(日)、23日(月)に新人戦東部地区予選の個人戦が行われ、
 本校から男子10名、女子11名が出場しました。

 
 〇2年男子ダブルス(於:沼津市民体育館)
  
   渡邉 光・松倉光汰ペア  ベスト8(第6位)  県大会出場


 〇2年男子シングルス(於:富士見高校・富士市立富士体育館)

   渡邉 光  ベスト16(第14位)  県大会出場
   松倉光汰  ベスト32

 
 個人戦の県大会は10月26日(土)、27日(日)に清水桜が丘高校にて行われます。
 県大会でも上位進出を目指して頑張ります。

令和元年度 インターハイ県大会 結果
5月18・19日に学校対抗戦(沼津市民体育館)、5月25・26日に個人戦(磐田市総合体育館) の県大会が行われました。 結果は以下の通りです。

 
 ・男子学校対抗

  1回戦 3-1 対 島田商業高校
  2回戦 1-3 対 浜名高校     ベスト16

 
 ・男子個人ダブルス 
 
  渡邉光・松倉光汰ペア  
  
  1回戦 2-0 対 内山・坪井(浜名高校)
  2回戦 0-2 対 早川・佐野(星陵高校)   ベスト16


今大会をもって、3年生は引退となります。
応援ありがとうございました。
1・2年生は、この経験を次に確実に生かしてほしいと思います。


   

令和元年度 インターハイ東部地区予選 結果
先日行われた、インターハイ東部地区予選の結果を報告させていただきます。

 
 ・ 男子ダブルス(平成31年4月20日 伊東高校・伊東東小)
 
   渡邉光・松倉光汰ペア   第12位 県大会出場
 
 
 ・ 男子学校対抗(令和元年5月2日 富士川体育館)

   1回戦 3-1 対 沼津商業高校
   2回戦 1-3 対 伊東高校
   
   〔5位~8位決定戦〕
   1回戦 3-0 対 吉原工業高校
   2回戦 1-3 対 富士高校      東部6位で県大会出場

平成30年度 中部日本バドミントン選手権大会
平成30年11月17・18日に富士宮市民体育館にて第71回中部日本バドミントン選手権が行われました。
 本校からは三戸颯人(2年)、渡邉光(1年)が少年男子ダブルス・シングルスに出場しました。
 
  

平成30年度 新人戦県大会 結果
○男子学校対抗(平成30年10月20日 沼津市民体育館)

   1回戦 3-0 対 天竜高校
   2回戦 1-3 対 静岡大成高校


○1年女子ダブルス(平成30年10月27日 清水桜が丘高校)

   三戸舞那果・井出百香ペア  第2位

   1回戦 2-0 対 藤田・齊藤(掛川西)
   2回戦 2-0 対 良知・網代(浜名)
   準々決勝 2-1 対 飯田・齊藤(磐田農)
   準決勝 対 2-0 松井・村上(浜松市立)
   決勝 対 0-2 伊藤・續(浜松市立)


応援ありがとうございました。
新人戦で見つかった課題を、今後の練習の中で常に意識し、克服していきたいと思います。

前へ