富士東高校ホームページ
 
学校紹介 学校生活 部活動 進路指導 お知らせ 交通アクセス
自治会各学年
 
ホーム>学校生活>3月の行事記録


  • 行事予定表
  • 4月の行事記録
  • 5月の行事記録
  • 6月の行事記録1
  • 6月の行事記録2
  • 7月の行事記録
  • 8月の行事記録
  • 9月の行事記録
  • 10月の行事記録
  • 11月の行事記録
  • 12月の行事記録
  • 1月の行事記録
  • 2月の行事記録
  • 3月の行事記録
  • ギャラリー
  • 校内スケッチ
離任式を行いました
年度末に3名の職員が退職、10名の職員が異動となりました。

長い間、東高に尽くしてきた先生方、ありがとうございました。

各種工事が進められています

外壁の高圧洗浄工事が行われました。

老朽化した体育館への2階通路が撤去され、体育館前は開放感があります。花壇に沿って新しい体育館への通路が建設されています。

昇降口から新しい通路への連絡路として両開きの新しい扉が取り付けられ、スロープが作られています。体育館への通路はきれいな通路に生まれ変わります。完成が楽しみですね。

3学期終業式を行いました
3月20日、体育館にて3学期の終業式が行われました。校歌を歌った後、校長先生より次のような話がありました。

「春休みは交通安全・体調維持に留意するとともに、感謝の気持ちを持って生活が出来るようにしましょう。春は生命力や未来を感じさせる季節なので、私は好きです。
さて、未来という言葉が出てきたので、今から40年以上前に受けた物理の授業の話をしましょう。先生の話が当時とても印象的でした。それは19世紀に科学者たちを悩ませた問題についてです。風船に矢が当たって割れるのは、矢を放つ瞬間に速度や力が決まっていれば、何秒後に割れるのかということが予定されることになります。すなわち、この世の物質をすべて解析できる知性(ラプラスの悪魔と呼ばれるもの)が存在すれば、未来は予測できるということです。この話は本当に衝撃的でした。しかし、その先生は次に、20世紀の量子力学の発展により、原子の位置と運動量を同時に把握するのは不可能と分かり、19世紀の古典的力学の考え方が覆されたことを話しました。未来は決定されているものではないのです。
しかし、現代ではコンピュータの発達によって、未来はある程度予測されることがあります。たとえば台風の進路予想などの天気予報や、タクシーの稼働状況のデータから効率良い配車を決定できるというように、ラプラスの悪魔がひょこひょこと顔をのぞかせているというような気がします。
みなさんには、未来を自分の意志で切り開くという精神を持ってもらいたいと思います。目標を文武それぞれ立てて、勉強に部活動に頑張ることです。そして、それを達成するためには、どのような行動をすべきか、そこまで考えてください。高校生活はあっという間に過ぎてしまいます。どうか一日一日を大切に生活してください。」


教務課からは学習全体の話がありました。成績上位者のほとんどが部活動を長時間やり、家庭での学習時間が限られている人である。これは授業をしっかり受け、自宅で集中して効率よく勉強していることが表れている。逆に成績不振者は、受験に関係ない科目をおろそかにして努力不足が目立つ。長期休暇中に学力が落ちてしまいがちなので、春休みを無駄に過ごさないようにという注意がありました。
生徒課からは、卒業生から「県内に就職するにあたっては「○○大卒」よりも「富士東高出身」の方が企業の関心が高いことを感じた」という話があった。それは誠実な応対・諦めずに頑張りぬく姿勢・仲間への感謝などの積み重ねが、信頼される学校・生徒という評価を勝ち取っているのではないかと考えられる。4月には新入生が入って来るので良き上級生としてリードしてもらいたい。という話がありました。


次に自治会行事が行われました。各種委員会の活動報告と、東雲祭準備の進捗状況についての説明が各担当者より行われました。東雲祭については、今後の作業やスタッフの募集、協力の呼びかけが行われました。また、入口ゲートが老朽化により、これまでの物が使えなくなるので、新たな物に変更されることなどが説明されました。

2019年度合格発表
3月14日正午のチャイムとともに、本校玄関にて合格者の番号が発表されると歓声が上がりました。発表には多くの中学生や保護者が来校し、合格者掲示板をバックに記念撮影をする中学生の姿がしばらくの間見られました。

合格者の皆さん、おめでとうございます。4月からは東高生として、希望と誇りを持って新しい生活に臨んでください。

情報交換会を行いました
3月13日(水)、1年生は2時間目に、2年生は3時間目に受験を終えたばかりの卒業生を招き、情報交換会を行いました。卒業生は、自分の高校生活を振り返り、部活動と勉強との両立や効率の良い勉強法、志望大学を決めた理由などを話しました。1年生はクラス別、2年生はそれぞれ志望分野に分かれて話を聞きました。これにより自分の進路をしっかりと定めて、春休みを迎えてもらいたいと思います。



写真は2年生の様子です。具体的な受験生活の話を聞き、今後の学習への取り組みを考えてもらいたいと思います。

第39回卒業式を行いました
3月1日(金)、卒業式が行われました。担任より一人一人呼名後、各クラスの代表に卒業証書が授与されました。

31HR代表 仲神さん       32HR代表 赤木君

33HR代表 伊波さん       34HR代表 松尾君

35HR代表 鈴木君        36HR代表 三浦君

37HR代表 小山君

送辞は在校生を代表して2年金子さん 答辞は卒業生を代表して清水さんが行いました。


東高を巣立つ39期生に幸多きことを祈ります。