富士東高校ホームページ
 
学校紹介 学校生活 部活動 進路指導 お知らせ 交通アクセス
自治会各学年
 
ホーム>各学年>1年生


  • 1年生
  • 2年生
合唱コンクール
5月30日(木)のLHRの時間に合唱コンクールを行いました。各クラス時間がない中、時間を作って朝や昼休みに練習をしてきました。どのクラスも練習の成果を発揮し、素晴らしい歌声を響かせることができました。 
上位2クラスは東雲祭のオープニングでの発表権を獲得しました。


 
  1位 13HR 「パプリカ」

 
  
  2位 11HR 「春愁」
  
  

学年末の学年集会を行いました
3月19日、身体測定や写真撮影など来年度に向けての準備が始まりました。この日、体育館1階で年度末の学年集会が行われました。

最初に学年主任から、この一年を振り返って、東高生としてプライドと自信を持って生活することについての話がありました。

次に生徒課より春休み中の生活について交通安全・スマートフォンなどの扱い・健康と体力づくりを念頭に置いて規則正しく生活する事が大切であるとの諸注意がありました。
進路課からは、この春休みで学力を落とすことのないように計画的に学習すること、新たに導入されたClassiを活用することなどの話がありました。
テスト明けには課題テストが実施されます。また、もうすぐ上級生として部活動も本格的に運営しなければならない学年になります。この春休みの生活で自分のペースをしっかりと作り上げて欲しいと思います。

総合学習発表会
2月20日(木)7時間目の総合学習の時間に、1年生が年間を通して取り組んできた「人工知能と情報社会」についての学習発表会が行われました。各クラスの代表1グループが、発表を行いました。
発表に使用するプレゼンテーションの映像は、情報の授業で制作したものです。

はじめに、学年主任より趣旨説明を行いました。

13HR代表6班 テーマ「AIと働く」

11HR代表6班 テーマ「AIを利用する立場で居続けるには」

15HR代表4班 テーマ「AIについて」

12HR代表4班 テーマ「AIがもたらす恩恵」

16HR代表3班 テーマ「AIの歴史」

14HR代表6班 テーマ「AIのお仕事」

発表終了後、スマートフォンアプリによる投票が行われました。
その結果を元に、各代表が表彰されました。
img src='./9B93C563D5051C62492583DB003A4889/$FILE/H30aih16.jpg' border='0'>
グランプリ12HR4班        準グランプリ15HR4班
グッドパフォーマンス賞13HR6班・学年主任賞11HR6班
審査員特別賞14HR6班・奨励賞16HR3班

最後に「アメリカに比べ、日本はAIについての意識が低いという話が出ましたが、皆さんはこれでAIについての知識や考えを共有することになりました。ぜひこれを今後に役立てて行けるようにしてください。また、発表の方法についても、プレゼンの技術は、社会に出た時にも要求される技術です。ぜひ相手に情報を伝える技術を今後も磨いていってください。」と教頭先生より講評がありました。

新入試対応の英語


2月6日、現1年生から実施される新入試に向けて、英語の四技能の試験が行われました。
英語の授業で新入試に向けての対策を行っており、これまでの成果を試す試験です。

百人一首大会を行いました。
2月15日(金)7時間目に東雲館にて1年生が百人一首大会を行いました。

札を前に真剣な表情。札をうまく取れると歓声が上がります。

クラス対抗の得点も競いました。

1位から3位のクラスは学年主任より表彰、1位のクラスには商品も渡されました。
百人一首を覚えるためにアプリを駆使して練習した人、札を見て暗記した人など練習方法も様々でした。

音楽選択者の発表会
2月7日(木)の1~3時間目の芸術の時間に、音楽の選択をした生徒のクラス発表が行われました。
生徒が自分たちでグループ・選曲・内容を決め、今学期に取り組んできたものです。

1時間目は15・16HRです。

a.k.a.点「ひまわりの約束」       SCP「愛唄」「RPG」

廻梨無(かりの)「小さな恋のうた」   15.5「ジッパー・ディー・ドゥー・ダー」「未来へ」

2時間目は13・14HRです。

SKY「くまのプーさん」「ぎゅっと」「シンデレラガール」「愛を叫べ」
なんでもいいや「そっけない」

クーピー「瞬き」             まっくろくろすけ「さんぽ」「風になる」

キセキ「キセキ」             武田組「Get wild」「大不正解」

3時間目は11・12HRです。

じんたい切れたー’S「ハッピーエンド」「トリセツ」
マダオ~まるで だめな 音楽隊~「命ばっかり」

米津舞人とゆかいな仲間たち「Lemon」
LA LA LATORO「ルパン三世のテーマ」「魔女の宅急便」

横尾千尋とゆかいな仲間たち「アイデア」「プロムナード」
恋「小さな恋の歌」「恋」

みんなの前で発表をするのはちょっと緊張します。でも自分たちの努力の成果を見てもらったり、友達の演奏を見たりして、普段見られない真剣な表情や、音楽センスなどを見ることが出来ました。
全チームが最後までしっかりやりき切ろうと演奏に取り組んでいました。

人工知能への学びを深めました

 11月29日、法政大学情報科学部の藤田悟先生が再び来校しました。1年生は6月に藤田先生より人工知能の可能性を講演していただき、夏休みに各自でいろいろと調べてきました。その結果を持ち寄って、二学期にはグループで討論し、様々な意見をまとめました。
 これらの中から出てきた疑問と、さらなる知識を求めて「人工知能が拓く未来」という題での講演を聞きました。講演では人工知能は現在どのようなことが出来るようになっているか、グループ討論で出てきた疑問に対する先生の意見、そして最先端の人工知能研究の紹介などがありました。
 今後の社会を大きく変えていく人工知能の技術、私たちはそれをどのように利用すべきか、また将来の仕事にどのように関係してくるか、と様々な疑問が湧いて来る時間でした。

先輩に聞く
9月6日(木)、総合学習の時間に、1年生が教育実習生と昨年度の卒業生に話を聞きました。大学生活や進路の決定について、高校生の時期にどんな活動や学習をしたかを話してもらい、今後の学校生活を考え、進路選択の参考にするよい機会となりました。



先輩たちの話を聞いて、大学進学に向けた一人一人のイメージを作ることができると良いと思います。

キャリア教育講演会を実施しました
6月28日(木)の総合学習の時間に「次代を生きるための進路探究の取り組み」として、1年生全員を対象にキャリア教育講演会を実施しました。

 法政大学情報科学部ディジタルメディア学科の藤田悟先生をお招きし、「人工知能と情報社会~未来の姿を考えてみよう~」という題で講演いただきました。人工知能の現在までの発展と、今後予想されるコンピューターが行う労働、そして人間だけにしか出来ないことなどを、ディジタル技術を紹介しながら楽しく説明していただきました。将来の職業観が大きく変わる講演でした。

応援練習をしました
6月28日、29日の放課後に体育館にて1年生が野球応援の練習を行いました。野球部の1回戦が7月8日に決定したことを受けての練習です。例年1年生は1回戦のみ全員参加で応援を行います。
 応援団の指導の下、様々な応援パターンを練習しました。当日は大きな声をそろえて、野球部を応援します。

小論文ガイダンスを行いました

 1月10日(木)7時間目、体育館にて一年生全員に小論文ガイダンスを行いました。
第一学習社から講師を派遣してもらい、「なぜ小論文が大切か」「作文と小論文の違い」「小論文を書く上でのポイント」などについて話をしていただきました。
 そして、実際の小論文答案を添削しながら、間違いやすい場面を考え、小論文の試験でより得点を取るための方法を学びました。
 この後、一年生は1月12日(土)の土曜補講の時間を使って、小論文模試に取り組みます。今日学んだことを活かしてうまく表現できるようになると良いと思います。

遠足で箱根に行きました
10月19日(金)、1年生は箱根へ遠足に行きました。

箱根関所でバスを降り、最初は関所の見学です。芦ノ湖に沿って遊歩道を歩きました。

箱根神社の大きな鳥居をくぐり、神社に向かいます。

箱根園では水族館を見学しました。

箱根園で食事をしたり、ショッピングをしたりして楽しい時間を過ごしました。

ブックトークを行いました
 10月11日の7時間目に1年生はブックトークを行いました。講師の先生方から、「扇動」「生」「決断」「自由って?」「世界を広げる」などのテーマで、本の紹介をしていただきました。興味を持った本は、これからの自分の生活を豊かにするため、ぜひ読んでみてもらいたいと思います。
 



進路講演会を実施しました
 9月11日(火)、総合学習の時間に進路講演会を実施しました。進学情報企業のマイナビより講師を招き、これからの社会について、今後求められる能力、それに伴って変わってくる大学入試、そして今何をしなければならないかについて、講演していただきました。

 一年生から新たな入試が導入されることになるため、その対応と心構えを理解できたと思います。

教育課程説明会を開催しました
 7月5日(木)、体育館にて1年生を対象に来年度の教育課程の説明会を開きました。1年生は2学期になると、来年度の文理のコースを選択しなければなりません。はじめに文系と理系のコースの違い、選択による進学の違いなどを説明しました。次に各教科で、来年度はどのようなことを学ぶのかを説明しました。
 

文系・理系の選択は将来にわたる大きな選択となります。ミスマッチを起こさないよう、自分の特性や大学に進学して学びたいことなどを良く考えて選んで欲しいと思います。

 7月6日(金)富士市民文化会館ロゼシアター小ホールにて、保護者向けの教育課程説明会を開催しました。
始めに学年主任より、文理選択の概要と1年生の近況が報告されました。そして、教務課担当者より文理選択の詳細な教育課程についての説明を行いました。


 最後に進学情報企業のマイナビから講師を招いて、今後の入試改革と求められる能力についての講演会を行いました。様々な社会の変化に対応すべく、現在の1年生から導入される大学共通テストについての概要説明や、今後重要視されてくるポートフォリオについての説明、大きな入試の変化に対応していくことが必要となることなどが分かりやすく紹介されました。