富士東高校ホームページ
 
学校紹介 学校生活 部活動 進路指導 お知らせ
交通アクセス自治会各学年保健室
 
ホーム>学校生活>4月の行事記録


  • 学校行事
  • 行事予定表
  • 4月の行事記録
  • 6月の行事記録1
  • 7月の行事記録
  • 8月の行事記録
  • 9月の行事記録
  • 10月の行事記録
  • 11月の行事記録
  • 12月の行事記録
  • 1月の行事記録
  • 2月の行事記録
  • 3月の行事記録
  • ギャラリー
  • 校内スケッチ
4月27日学校の様子~中村校長より~
臨時休校が長期化していますが、校庭は美しい新緑の季節を迎えています。
 
校訓碑を包むサツキが色鮮やかです。 校舎の南側の植栽です。同じ緑でも、木の種類によってその色は異なります。

校舎南側のヤマボウシの木です。白い花が緑に映えます。
 
東雲館裏の森の様子です。東雲館横の森には、ニホンアカネも 雑木林の木々も日の光を浴びて自生しています。つる性の植物で、 嬉しそうです。根は茜染めに利用されます。

みなさんと会える日を楽しみにしています。

学習動画の制作研修会
4月16日、臨時休業中の学校で、生徒に向けた学習動画の制作についての研修が行われました。宿題の解説などの動画をどのように撮影するか、実演をしながら手順を学び、その後、動画配信の際に起こるであろう諸問題などを話し合いました。

1年生の自転車点検を実施しました。

4月9日、入学して間もない1年生が自転車点検を受けました。通学用の自転車について不備がないことの確認を担任から受け、自転車に学校名の入ったシールを貼り付けて行きました。この時期は自転車通学に慣れていない1年生の事故が多い時期です。安全運転を心がけ、周囲の交通に十分注意して登校して来てほしいと思います。

入学式を行いました
4月7日の午後、43期生の入学式が行われました。


担任から一人一人の名前が呼ばれ、「はい」という元気な声が響きました。


校長先生が入学許可を行った後、次のような話がありました。
 みなさん、入学おめでとうございます。これから東高生となる皆さんに2つの事をお願いしたいと思います。
 一つ目は自己管理能力を高めるということです。毎日元気に登校するためには、通学路での交通事故を起こさないこと、スピードや一時停止に気を付けることです。また、スマートフォンやパソコンは便利な道具ですが、使い方を誤って大変なことにならないよう、ルールを決めて自分自身をコントロールしてもらいたいと思います。
 二つ目は科学的なものの見方を大切にしてもらいたいということです。人工知能などによりどんどん便利な世の中になってくると、人間が分析的なものの見方を忘れてしまうことが心配です。例えば勉強においては、記憶の定着のメカニズムを知り、学習の科学を理解した上で戦略を立てて行く必要があるでしょう。どうか、今後の生活に役立ててください。
 さて、コロナウイルスで入試や中学校生活の締めくくりが大変だったと思います。しかし、戦いは始まったばかりです。どのような状況でも冷静に行動することが重要です。立場の理解や身勝手な行動を慎むこと、みんなで協力して取り組む姿勢が求められています。保護者の皆さんにも学校との連携をお願いします。
 さあ、これから思う存分、高校生活、学習、部活動に取り組んでいきましょう。


来賓祝辞としてPTA会長より、次のような話がありました。
 入学おめでとうございます。新入生の皆さんには、これから「何のために…」ということを考えて行動して欲しいと思います。高校生活は「自分の将来を切り開く実力を身につけるため」です。皆さんは、義務教育を終え、これからは社会を支える立場となります。本校の校訓「己ヲ磨キ他ニ尽クサン」を実践する力を養うのです。現在はコロナウイルスで先行き不明な状況にありますが、自分が何をすべきなのかを考えてください。その成果は三年後に表れてきます。PTAは皆さんの高校生活を全力でサポートします。三年後に笑って卒業できることを祈ります。


新入生を代表して勝谷君が宣誓を行いました。


入学式終了後、1年部の担任・副担任が紹介されました。新入生はこの後、新しいホームルームへ向かいました。

体育館では保護者への説明会、教室では新入生のホームルームが行われました。


全ての日程終了後、校門付近では記念撮影をする新入生の姿が見られました。迎えの車やスクールバスで帰って行きました。明日からはいよいよ登校が始まります。

放送による始業式を行いました
4月7日(火)、いよいよ新しい年度が始まります。旧ホームルームで新クラスが発表された後、清掃を行い、各ホームルームで放送による始業式が行われました。

最初に校長先生より次のような話がありました。

 3月4日から臨時休業となりひと月以上がたちました。家にこもる日々が続き、基本的な生活習慣の維持に苦労したと思います。また、学習面では自学自習、部活動では自己研鑽と、各自が制約のある中、様々な工夫をしながら、新学期に向けて努力してくれたことと思います。
 コロナウイルスとの戦いは、長期戦を覚悟しなければなりません。抑え込めたように見えても、感染の爆発が繰り返される可能性があります。医療や経済の崩壊をさけるため、社会ではあらゆる努力が行われています。
 本校でも、県教育委員会の指示のもと、様々な対応を考えています。その骨子についてお話ししたいと思います。
 一つは学校生活の基本的注意についてです。
 ①コロナウイルス対策を自分自身の問題として捉えてください。日々の検温、換気と手洗いと消毒、マスクの着用、そして人と人との距離をとることです。マスクは手に入りにくくなっているので、手作りにも挑戦してみて下さい。
 ②学校からの指示に常に注意してください。メール、ホームページ、Classiを用いて連絡することがあります。これらの手段を利用できない人は、担任の先生と連絡方法を相談してください。日程変更や中止を前日の夜に連絡ということも考えられます。
 ③最悪の事態を想定して、心の準備をしてください。学級閉鎖や学年閉鎖・学校閉鎖が起きるかも知れません。3月の休業から得られた様々な教訓を生かしてほしいと思います。どのような状況になろうと、冷静に対処してください。
 次に本年度の当面の学校行事です。国や県の指示に基づいて、現時点では次の内容を伝えたいと思います。  ①6月6・7日に予定されている東雲祭文化の部を中止します。この関連で6月4日の1年生の合唱コンクール、6月5日の全校集会も中止します。また、代休が予定されていた6月9・10日は通常の授業日となります。なお、東雲祭に向けて頑張って来た皆さんの思いを何らかの形にするために、加えて創立以来続いてきた東雲祭の伝統を、来年度以降に伝えるために、映像による記録、そして共有などについて、皆さんで知恵を出し合って具体的な方法を考えて行きたいと思います。
 ②6月8日に予定されていた東雲祭体育の部は中止とします。延期の検討もしましたが、行事の配置、健康上の安全性から中止とします。
 ③その他の学校行事についても個々の特性に応じて中止あるいは制限が設けられることになります。担任の先生を通じて適切な時期に連絡していきますので、情報に注意してください。
以上、学校生活全般、および行事についてお話ししました。その他、部活動についても多くの変更や指示が出されると思いますので、対応してください。
 今、私たちは誰も経験したことのない危機に直面しています。自分が感染しないよう、人にうつさないよう、些細な行動に注意しましょう。身勝手な行動は慎まなくてはなりません。また、今後、身近に感染せしてしまう人が出て来ることが予想されます。偏見を持たず、他者を思いやる気持ちを持ち続けましょう。
 今日から新しい年度が始まります。富士東高校全員で、心を一つにしてこの難局を乗り越えて行きましょう。

次に副校長先生より、学年主任・担任・副担任・部活動顧問の発表がありました。 また、コロナウイルス感染症に対しての学校生活の諸注意についても話がありました。


最後に教頭先生から部活動に関する注意が行われました。

 部活動は当面、自校のみの活動となりました。また、高体連の東部大会・県大会は延期となりました。今後の具体的な日程は、高体連専門部から指示があります。
 「私だけは大丈夫」という考えは捨てて、「私の行動が他人の命を危うくしている」と考え、慎重に行動してください。

新入生オリエンテーションを行いました
4月2日(木)、入学式を前にした新入生にオリエンテーションを行いました。新型コロナウイルス感染症対策のため、使用する教室数を増やし、間隔をあけて座るという対策をとりました。
新入生はスタディサポートと身体計測、個人写真撮影などを実施し、高校生活の準備を行いました。

部活動始動
4月1日(水)、部活動が再開されました。三つの密を避けるよう、各部活動で練習メニューを工夫しながらの再開です。インターハイ予選に向けて「今、できること」を考えながら活動しています。