静岡県立藤枝西高等学校ホームページ
 
学校案内 西高のいま 部活動 進路状況 生徒・保護者の方へ 中学生の方へ 同窓会 交通アクセス
 
ホーム>部活動>野球部

  • 野球部
  • 男子サッカー部
  • 女子サッカー部
  • 男子バスケットボール部
  • 女子バスケットボール部
  • 女子バレーボール部
  • バドミントン部
  • 男子テニス部
  • 女子テニス部
  • 卓球部
  • 弓道部
  • 陸上競技部
  • ウインドオーケストラ部
  • 音楽部
  • 日本文化部
  • 美術・書道部(書道)
  • 美術・書道部(美術)
  • 家庭部
秋季大会がんばるぞ!!
◇全国高等学校野球選手権静岡大会の代替大会「2020夏季静岡県高等学校野球大会」を経て3年生が引退後、西高野球部は選手7名、マネージャー2名の計9名で新たなスタートを切りました。そして西部地区の佐久間分校と菊川南陵高とで連合チームを結成、秋季大会に臨むことになりました。大会を間近に控えた8/13(木)の午前中、快音響くグラウンドに行ってみますと…。













グラウンドには3校の野球部員が集結していました。球音は、昨年度購入したバッティングマシーンから繰り出されるボールを部員たちが打ち返している音でした。連合チームの選手は、西高7名、佐久間3名、菊川南陵3名という構成になっています。バッティング練習が終わるとマシーンは片づけられて、一息入れたのち、試合形式の実戦練習に入っていきました。この新チーム結成後に行った他校との練習試合の戦績は、4勝1敗1分けという好成績とのことで、大会本番への期待が大いに高まる状況となっています。

☆大会本番、すなわち秋季高校野球中部地区大会ですが、西高連合チームは、大会2日目の8/15(土)に初戦を迎えます。相手は焼津水産高、会場は焼津球場で、第2試合です。新型コロナ感染予防の関係で、残念ながら無観客試合となっていますが、ぜひとも応援よろしくお願いいたします!!

最後の最後まで全力集中
◇全国高等学校野球選手権静岡大会の代替大会となる「2020夏季静岡県高等学校野球大会」が7/11(土)、開幕しました。ここまで早朝に放課後に鍛錬を積み上げてきた西高野球部は大会2日目の12(日)、その初戦を迎えました。



試合会場は浜岡球場、対戦相手は浜松学院高です。早めに会場に到着した野球部は近くの空き地でウオーミングアップののち、球場脇に移動して各自素振り等を行い最終チェックに余念がありません。西高は第2試合12:00開始の予定でしたが、第1試合が若干延びたため、12:30球場内へと入場、12:50プレイボールがコールされました。



この大会、新型コロナウイルス感染症対策のシフトが敷かれ、スタンド内に入ることができたのは3年生保護者の皆様と部のマネージャー生徒等、少数に限られています。保護者の皆様は、我が子の3年間の集大成を目に焼き付けようと固唾をのんで見守り、チャンスの場面では、大きな声援を送ってくださっていました。













試合は2回表に1点を先制されたものの、中盤4回までは緊迫した投手戦になりました。西高は2回裏の攻撃でランナーを3塁まで進める等の好機が何度か訪れますが、あと1本が出ず、得点に至ることができません。そして5回表、相手打者のヒットが続いて3点を献上、0-4の劣勢に立たされます。しかし西高は5回、6回とヒットでランナーを出し相手ピッチャーにプレッシャーをかけます。特に6回裏、キャプテン片平君がクリーンヒットで出塁の場面では、ベンチとスタンドの興奮は最高潮に達していました。





7回裏、西高最後の攻撃、ベンチではバッターを鼓舞する大声援が巻き起こっていました。最後のバッターの最後の1球までそれは止むことはありませんでした。バッターもベンチもスタンドも、最後の一瞬まで全力集中を貫いていました。試合の結果は0-5、悔しい思いはあったと思いますが、特に3年生の試合後の表情には、精いっぱい力を出し切ったという充実感が滲んでいました。

☆3年生選手11名、マネージャー2名は、この2020夏季静岡県高等学校野球大会をもって引退です。3年間お疲れ様でした。そして西高野球部は明日から新たな歩みを始めることになります。どうぞよろしくお願いいたします。

1回戦プレイボールまであと5日


今年の梅雨は、本当に梅雨らしい梅雨です。7/8(水)も朝方まで降り続いていました。朝7:00過ぎ、雨が上がったグラウンドから威勢のいい声とボールを打つ音が聞こえてきました。









西高のグラウンドは非常に水はけが良く、雨が上がってしばらく待てば水溜まりはなくなり使用可能となります。野球部員たちはこの日も朝早くから登校し、雨と雨の間隙を縫ってキャッチボールや遠投、トスバッティングやバッティングフォームのチェックにめいめいが励んでいました。さて、6/27(土)に行われた代理抽選の結果、7/11(土)開幕の2020夏季静岡県高等学校野球大会の対戦相手が決まりました。西高の初戦の相手は浜松学院です。相手にとって不足なしです。3年生のキャプテン片平君を中心に、チーム一丸となって突き進むのみです。



西高野球部と浜松学院との第1回戦は大会2日目の7/12(日)、浜岡球場第二試合、正午プレイボールを予定しています。本番まであと5日、上のホワイトボードにもある「無駄な時間をつくらない“時短”」でもって、やれることを全てやり切って試合に臨み、初戦突破を目指してほしいです。ガンバレ西高野球部!!

選手激励会
◇6/20(土)午後3時から野球部父母会が主催する選手激励会が、会議室を会場にして行われました。この日野球部は、朝早くに集合し静岡西高にて練習試合を行い、対外試合解禁後初のこの試合を6-1で快勝、気を良くして学校に戻って来ての、激励会参加です。























激励会は父母会会長のご挨拶に始まり、國川校長からは熱々の選手激励、櫻井監督と上谷野球部長の決意表明へと、次第は進んでいきました。そして、これらの励ましのことばの数々を受けた形で、選手を代表して3年生片平主将が父母会の皆様の前に立ち、西高野球部で頑張った3年間の活動の集大成として、2020夏季静岡県野球大会に全力でぶつかり、必ずや初戦を勝利すると、力強く語ってくれました。このあとマネージャーから選手全員と監督・部長に手作りのマスコットお守りと、「繋」の折り鶴プレートのプレゼント、さらに父母会からも千羽鶴が贈呈されました。最後は会場に集った全員で校歌を高らかに歌い、激励会は閉会となりました。写真の最後の2枚は、激励会後の記念撮影風景です。選手たちも保護者の皆様もとてもいい笑顔でカメラに収まっていますね。

☆2020夏季静岡県野球大会の初戦は、7/11(土)に行われることが決まっています。まもなく組み合わせ会議が行われ、対戦相手と使用球場が決定することになっています。西高野球部の大活躍に大いに期待したいと思います。がんばれ!西高野球部。

朝練!!
◇6/5(金)朝7時、グラウンドに設置されたスプリンクラーが水を勢いよく噴射、大空に弧を描きながら土面を潤しています。グラウンド東奥の野球練習エリアには思い思いのスポーツウェアに身を包んだ部員たちが見えます。声を掛け合い準備運動をしています。見に行ってみますと…。













「朝練習のいいところは、グラウンド全面が使えて思う存分練習できる点です。」というある部員の言葉の通り、西高グラウンドは非常に広大で、南北110mプラス高い防球フェンス、東西はもっと長いです。バッティング練習もフルスイングして思い切りできます。
 写真一番下の主砲の加賀君(3年生)は今絶好調、快音連発で何度も外野の頭を越えていました。この日の朝練習には入部予定の1年生も何人か加わっていました。ネット裏に設置してあるホワイトボードには「できない理由を探すより、できるための方法を考える」と書かれています。
 がんばれ!西高野球部。

藤枝西高校 野球部 紹介
私たち藤枝西高校は今夏8人の3年生が引退し、現在2年生11人、1年生4人、マネージャー3人の計18人で活動を行っています。チームの目標は県大会出場、そして選手権大会ベスト8です。

チームの雰囲気は非常に明るく、
グラウンドでは上級生下級生関係なくアドバイスや、意見を活発に交わしあっています。また管理栄養士による食事トレーニングや、野球を専門としたトレーナーからの指導など藤枝西高校野球部独自の取り組みを積極的に行い、私学や強豪校に負けない体づくりをしています。

部のテーマは「
主体性」です。今秋より頭髪の坊主頭を廃止し、部活動だけではなく学校生活においても、どのように過ごすべきか自ら考え、取り組むように意識しています。

高校野球は一生に一度しか経験できません。そんな貴重な3年間を充実したものにしていただきたいと思います。自分自身の「主体性」によって大きな成果が得られるはずです。部活動はもちろん、勉強や学校生活を自分の力で充実したものにしていく。自分自身で道を切り開いていく環境が、この藤枝西高校そして西高野球部にはあります。

是非とも一度、野球部の活動を見に来ていただければと思います。
部員、指導者一同、多くの新入生と一緒に野球ができることを心から楽しみにしています。



野球部 戦績報告
第101回 選手権大会 7月13日 1回戦
 場所 焼津球場 対 静岡東高校
 スコア 2 - 8 ●

 第72回 秋季中部地区大会
 8月13日 
 場所 清水庵原球場 対 川根高校
 スコア 5 - 8 ●

 敗者復活1回戦 8月18日
 場所 草薙球場 対 城南静岡高校
 スコア 1 - 5 ●

今夏、今秋は悔しい結果に終わってしまいましたが、今後に向けての課題がはっきりと見えた試合となりました。この悔しさを胸に来春リベンジを果たすべく、練習に取り組みたいと思います。
ご声援ありがとうございました。