静岡県立藤枝西高等学校ホームページ
 
学校案内 西高のいま 部活動 進路状況 生徒・保護者の方へ 中学生の方へ 同窓会 交通アクセス
 
ホーム>西高のいま>西高ブログ

  • 西高ブログ
  • 西高の1年
  • 西高通信
夏休み後半は練習試合で鍛えます
◇8/3(月)から始まった夏休みですが、今年は新型コロナの関係で8月第4週目には2学期が始まりますので、早くも休みは後半になってしまいました。そんな8/13(木)午後、体育館2階アリーナからは、元気溌剌、女子部員たちの声が響いています。













元気な声の主は、女子バレー部員たちでした。現役を続行する3年生1名とマネージャー1名を含む総勢13名の部員たちが、体育館全面を使って練習に打ち込み、躍動しています。顧問の伏見先生、外部指導者の槙田コーチ、それに西高OBの大学生2名も練習に加わり、ボール出しや選手たちへのアドバイスを行ってくれています。1つの練習メニューと次の練習メニューの間も、部員一人ひとりが非常にきびきびとした身のこなしです。さすがは西高女子バレー部です。

☆これまで主に校内での練習を積んできた女子バレー部、明日8/14(金)からは3日間連続で近隣の大学や高校に出かけていき、練習試合を行うとのことです。その後、20(木)に準公式試合に出場、翌21(木)からの3日間についても、連日練習試合が組まれているそうです。このようにたくさんの練習試合を行って実戦経験を積んで地力を蓄え、その先に目指すのは、9月下旬に始まる大一番、春高バレー予選での快進撃です。

お盆も3年生の学びは継続中
◇夏休みが始まった8/3(月)から3年生を対象とした進学補講が日々行われてきましたが、お盆が始まる今週に入っても、教科・科目によっては補講が継続されていて、平日、これを目当てに、あるいは自学自習を目的に、多くの3年生が登校しています。









こちらは8/13(木)、10:00から始まった34HR教室の日本史B補講の様子です。約30名の生徒が、担当の石川先生の近現代史特別講義に聞き入り、また、盛んにプリントに書き込んでいました。時々石川先生に促され、生徒同士で単元の内容や重要ポイントについて話し合い教え合う場面も見られました。密度の濃い補講は90分、11:30まで続きました。明日14(金)も同じ時間から、会場は会議室に移し行われるとのことでした。



こちらは同日午後のLL教室です。心地よく空調が効いたこの自習室では10名ちょっとの生徒がいて、めいめい受験勉強に勤しんでいました。夏休み期間中、平日は8時~5時頃まで、このLL教室を中心にいくつかの部屋が開放されていて、3年生に学びの場が提供されています。

秋季大会がんばるぞ!
◇全国高等学校野球選手権静岡大会の代替大会「2020夏季静岡県高等学校野球大会」を経て3年生が引退後、西高野球部は選手7名、マネージャー2名の計9名で新たなスタートを切りました。そして西部地区の佐久間分校と菊川南陵高とで連合チームを結成、秋季大会に臨むことになりました。大会を間近に控えた8/13(木)の午前中、快音響くグラウンドに行ってみますと…。













グラウンドには3校の野球部員が集結していました。球音は、昨年度購入したバッティングマシーンから繰り出されるボールを部員たちが打ち返している音でした。連合チームの選手は、西高7名、佐久間3名、菊川南陵3名という構成になっています。バッティング練習が終わるとマシーンは片づけられて、一息入れたのち、試合形式の実戦練習に入っていきました。この新チーム結成後に行った他校との練習試合の戦績は、4勝1敗1分けという好成績とのことで、大会本番への期待が大いに高まる状況となっています。

☆大会本番、すなわち秋季高校野球中部地区大会ですが、西高連合チームは、大会2日目の8/15(土)に初戦を迎えます。相手は焼津水産高、会場は焼津球場で、第2試合です。新型コロナ感染予防の関係で、残念ながら無観客試合となっていますが、ぜひとも応援よろしくお願いいたします!!

女子サッカー選手権を見据えて
◇8/12(水)、早朝練習を終えてグラウンドをあとにした男子サッカー部に続いて登場したのは、女子サッカー部です。現在、女子サッカー部は総勢12名(内プレーヤー10名、マネージャー2名)、キャプテンの森下さんをチームの要にして新たなスタートを切っています。この日、清水国際高を迎え練習試合が行われました。











10:00、キックオフのホイッスルが鳴りました。主審は顧問の古堅監督が務めます。縦縞のユニフォームが西高です。1名少ない10名で戦う西高ですが、堅守と、つなぐサッカーに徹し、相手と対等に渡り合っていました。気温がぐんぐん上がる中、前後半の途中で、普段より長めの給水タイムを挟み、熱中症予防が図られています。前半の戦い、西高に何度か決定的な場面がありましたが、相手キーパーの好守にも阻まれ惜しくも得点には至らず、0-0で試合を折り返しました。

☆清水国際高との練習試合、10名で最後まで奮闘した西高でしたが、後半、一瞬の間隙を突かれ1点を献上、試合は0-1という悔しい結果でした。でもこれにめげることなく、西高は夏休み後半も近隣校との合同練習や試合を重ねながら目標を目指していくとのことです。その目標とはズバリ、「選手権大会」(第29回全日本高等学校女子サッカー選手権大会静岡県大会)です。8月末開幕です。西高は予選リーグAブロックを戦います。第3戦までの試合日程は次の通りです。どうぞ応援よろしくお願いいたします!

・8/29(土)VS静岡大成 13:00開始 於:J-step
・9/5(土) VS桐陽     9:00開始 於:時之栖
・9/13(日)VS清水国際 13:00開始 於:浜北平DG

サッカー部は早朝からエンジン全開




最高気温、静岡市で38℃予想が出ている8/12(水)朝7:00です。グラウンドからは、威勢のいい声と、ボールをパス回しする音、力強くボールを蹴り出す音が聞こえています。近くに行ってみますと…。









グラウンドにいたのはサッカー部の面々です。この日招集されていたのは、部員の中の2年生を中心とするメンバー約20名で、中には、現役を続行する3年生の姿も見えました。7:00過ぎの段階で練習は佳境に入っており、試合形式の実戦練習が始まっていました。近くで選手の給水の準備をしているマネージャーの生徒に聞いてみると、早朝6:00に集合し6:30から練習を開始しているとのことでした。グラウンドの真ん中には主審をしながら選手にアドバイスする小澤監督の姿が見えます。監督はグラウンドにいるどの選手よりも日焼けして見えます。この早朝練習、昨日、本日、明日の3日間継続して行われます。そして、週末に行われる清流館高との練習試合を皮切りに、お盆明けから本格的に他校との練習試合を数多くこなし、また、朝練習も織り交ぜながら力を蓄え、来るべき第99回県高校サッカー選手権大会の地区予選に備えていくとのことでした。

夕方から一段ギアを上げるバドミントン部
◇8月中旬、通常ならば県外への遠征合宿等を行い、実戦力の向上を図っているバドミントン部ですが、今年に限ってはコロナのことがあり、叶いません。加えて7月末の梅雨明け以降は酷暑が続き、熱中症を避けながら実力向上を図る練習に、腐心しているところです。午後の気温が35℃近くになった8/11(火)の16:00過ぎ、バドミントン部が練習を行っている体育館2階アリーナに行ってみました…。













顧問の鬼束先生の話では、午後すぐの、気温が最も高くなる時間帯は、ある程度練習をセーブし、気温がやや下降気味になる16:00以降の約2時間に練習のピークを持ってくるようにしているのだそうです。この時間帯の練習に入る前、部員たちはシャワーを浴びて練習着を着替え、心身のリフレッシュを図ってから、ギアを一段上げたトレーニングに入っていくとのことです。風を嫌うバドミントン競技は、カーテンを閉め切って行う必要があり、16:00過ぎてもかなり蒸し暑いのですが、それでも部員たちはこの時間帯が勝負とばかりに、全力で実戦練習に打ち込んでいました。シャトルを打つ音、バドミントンシューズのステップの音、部員たちの大きな掛け声、これらは18:00頃まで体育館に響いていました。この練習は12(水)も継続されます。

部活動拝見(音楽部)
◇部活動拝見、今回は音楽部です。音楽部の練習場所は管理棟3階の音楽室です。ここは大きなメインの部屋に加えて、グランドピアノを備えたレッスンルームが3つもある充実空間です。部員は現在18名です。内訳は2年生7名(男子1名、女子6名)、1年生11名(男子2名、女子9名)、ジャンルを問わず音楽が大好きなメンバーが集うところ、それが西高音楽部です。部長は2年生の浦田さんが務めます。指導くださる顧問は山本浩先生です。8/7(金)午前中、音楽室を訪ねてみました。





この2枚の写真は、10:00頃の様子です。音楽室では1年生が室内に分散してすわり、アコースティックギターの練習を行っていました。奥のレッスン室には2年生7名がいて、部長の浦田さんを中心にして、懐かしの?!昭和歌謡曲「男の勲章」を皆で奏でていました。









こちらは11:00から部員全員で始まった合唱練習の様子です。顧問の山本先生の指導と伴奏で、合唱曲「あいたくて」に取り組んでいます。新型コロナウイルス対策で窓を全開にしているのに加え、全員マスク着用での歌唱です。マスクに遮られているとはいえ、総勢18名の混声合唱は、とても心地よい歌声を響かせていました。

☆現在練習している1年生のアコースティックギターの合奏、2年生のバンド演奏、そして合唱曲「あいたくて」、音楽部ではこれらをどこかで披露できないかと思案中とのことでした。2学期、西高では中学3年生を対象とした「学校公開」が複数回あります。音楽部の魅力をぜひ発信してほしいところです。

部活動拝見(陸上部)
◇部活動拝見、今回は陸上部です。陸上部の練習場所は基本的には学校のグラウンドですが、大会が近づく時期等、必要に応じて藤枝総合運動公園を借用し練習を積んでいます。部員は総勢19名(男子9名、女子10名)で、部長は2年生の内田君が務めます。指導に当たるのは顧問の福世先生と髙橋先生です。快晴の8/7(金)午前中、グラウンドに行ってみますと…。













10:00過ぎのグラウンドです。朝9:00に練習開始後、学校の外周を走ってウオーミングアップを行ったのちグラウンドに入り、トラック組は70m走、フィールド組は投てき練習に入っています。2週間後の8/22(土)、草薙陸上競技場にて令和2年度第1回中部陸協記録会の開催が予定されています。内田部長はじめ部員一同、好記録達成を目指し頑張っています。

部活動拝見(書道部)
◇部活動拝見、今回は書道部です。活動場所は教室棟1階書道室です。入り口の「書道部ようこそ!」の立て看板が目を引きます。部員は総勢4名、部長は2年生の鎌田さん、少数精鋭でガンバッテマス。指導に当たっているのは顧問の杉本先生と芸術書道の担当で外部指導者の清水先生です。8/6(木)午前中、書道室を訪ねてみました。













この日、部員たちが行っていたのは、2学期開催予定の「ミニ学校公開」(9/26・土と10/17・土の9:30~11:30で行われる中学3年生向け部活動見学&学校説明会のことです。)で披露しようと考えている「書道パフォーマンス」の練習でした。今年度は新型コロナの影響で藤蔭祭(西高文化祭)が中止となってしまい、上半期の発表の場がなくなってしまったので、今年度の初パフォーマンスです。現時点は「美しい文字」を書くことが主眼の練習ですが、今後、音楽に乗せ、身体表現や演劇的要素を加味した総合芸術に高めていくことを期待したいと思います。

夏休み三者面談実施中
◇8/3(月)から始まった夏休み、その開始と前後して各学年各クラスでは、1学期を振り返り2学期以降を見据えた生徒・保護者・担任による三者面談が実施されています。多くの教室で面談が行われている4(火)の午後、教室棟を回ってみますと…。





こちらは2階、3年生の面談風景です。3年生の面談は、進路に関する話題に終始している感じです。1学期に実施された全国模試の結果等を踏まえ、パソコンで志望校の情報を確認し合いながら、個々の進路実現に向けた道筋について共通理解を図っていました。3年生はこの時期、午後まで進学補講を受講している生徒が多く、面談が夕方以降になる場合もあるようです。



こちらは3階、2年生の面談風景です。1学期を振り返り、2学期を展望しています。2年生は2学期に自身の進路目標を踏まえて教科・科目選択を行うことになっていて、面談はそのことに多くの時間が費やされていました。また12月には研修旅行(修学旅行)も予定されており、これらのことは9/17(木)午後3時から「進路・科目選択及び研修旅行説明会」として、生徒と保護者を対象に実施予定です。(詳細は、後日文書にてお知らせいたします。)







こちらは4階、1年生各クラスの面談風景です。生徒が保護者と担任の先生を前に、1学期を振り返っての反省や感想を述べていました。西高入学後すぐに臨時休校になってしまい、戸惑いの中始まった高校生活ですが、生徒の言葉のそこここに、成長が感じられました。1年生は2学期に、今後文系(人文科学コース)と理系(自然科学コース)のどちらに進むかの、「文理選択」という大切な選択をしなければなりません。三者面談の話題はそのあたりに多くの時間が費やされていました。生徒・保護者対象の「2年次コース選択及び研修旅行説明会」は終業式の日に文書にてお知らせの通り、9/7(月)15:00より開催予定です。どうぞよろしくお願いいたします。

前へ