静岡県立藤枝西高等学校ホームページ
 
学校案内 西高のいま 部活動 進路状況 生徒・保護者の方へ 中学生の方へ 同窓会 交通アクセス
 
ホーム>学校案内>校長あいさつ

  • 校長あいさつ
  • 学校概要
  • 校訓等
  • 沿革
  • 学校施設
  • 経営計画
  • いじめ
5月のあいさつ
いつも静岡県立藤枝西高等学校のホームページをご覧いただき、どうもありがとうございます。

 本校は、大正7年、組合立志太実科高等女学校として開校し、以来、永きにわたり、地域の女子教育の拠点として発展してまいりました。昭和27年には、校名も静岡県立藤枝西高等学校と改まり、その後、平成12年度からは男女共学校となり、新たな歴史を刻んでまいりました。共学化とともに現在地に移転し、新たな校舎で一層活力ある学校を目指して、日々の教育活動に取り組み、平成30年度には、創立百周年を迎えました。



 令和元年度、藤枝西高は新たな一歩を踏み出しました。令和2年度は「学校改革第2章」としての充実期となります。「元気と笑顔が溢れる学校!」をキャッチフレーズに、生徒が藤枝西高に入学して良かったと「成長」を感じられる学校、保護者が「安心」できる学校、地域や中学校が「信頼」できる学校、教職員が「やりがい」を感じる学校を目指します。

 今年度は、新型コロナウイルス禍により順調な学校生活をスタートすることができず、家庭で過ごす時間が大幅に増加しました。一斉臨時休業も5月末まで再延長となる中、全国高校総体の中止も決定し、心の整理ができず困っている生徒が多いことと思います。しかし、今まで皆さんが仲間とともに学習や部活動等に取り組んできた時間は、決して無駄ではありません。今こそ、自分自身と向き合い「自分の夢や目標の再確認」「生活習慣や学習習慣の見直し」をする絶好の機会と捉えるとともに、
新型コロナウイルスに負けず、たくましく「生きる力」を身に付けてほしいと願います。
 世界中がウイルス戦争に巻き込まれたような状況下でも、何とか生き抜いて次世代につなげていかねばなりません。この危機的状況を冷静に見つめ、
「今、何をすべきか?」を考えて行動できる人であってほしいと思います。
 
自ら課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、行動し、より良く問題を解決する資質や能力、自らを律しつつ、他人とともに協調し、他人を思いやる心や感動する心などの豊かな人間性、たくましく生きるための健康や体力を身に付けて、幸せな人生を歩むことを切望します。

 進路実現を図るためには、1年生の頃から自分の適性や夢を意識する
「自己理解」、実際に大学等に足を運んで、見学したり調べたりする「進路情報収集」が重要です。これらにより、自分自身の興味・関心が明確となり、頑張るための原動力=目標を設定することが可能となります。スランプや苦しい時でも「頑張ろう!」と、諦めずに最後まで粘ることができます。そのためには、目標を決めて紙に書いておくことです。自分の勉強部屋の机から見える壁に貼っておくのも良いでしょう。
 大事なことは、
手を動かして紙に言葉を刻むこと。そして、繰り返し見ることです。何度も目にすることで、自然と「絶対に合格する!」とマインドコントロールできるものです。
 

 最後に、インドのヒンズー教の教えから引用した言葉を紹介します。

「意識が変われば行動が変わる。」

「行動が変われば習慣が変わる。」

「習慣が変われば人格が変わる。」

「人格が変われば人生が変わる。」


 藤枝西高生が自らのキャリアデザインの基盤となる、より高い学習力と生きる力を身に付け、未来の担い手として活躍できるよう、教職員一同「チーム西高」として、全力で支援してまいります。

 
3密(密閉・密集・密接)を回避する行動力を身に付けて、一日も早く安全・安心な日常生活に戻ることを願って止みません。

令和2年度 藤枝西高 グランドデザインは
こちらのPDFファイルをご覧ください。

                 令和2年5月  静岡県立藤枝西高等学校長  國川 淳子