静岡県立藤枝西高等学校ホームページ
 
学校案内 西高のいま 部活動 進路状況 生徒・保護者の方へ 中学生の方へ 同窓会 交通アクセス
 
ホーム>西高のいま>西高ブログ

  • 西高ブログ
  • 西高の1年
  • 西高通信
バドミントン部壮行会
1月15日(水)
 新人戦東海大会に出場するバドミントン部の壮行会を行いました。生徒会長の平田さんは「体調管理に気を付けて、日頃の練習の成果を発揮してきてください。全校生徒で応援しています。」と激励しました。その後、応援委員会を中心に全校生徒でエールを送りました。

校長先生から「選手、マネジャー、応援とそれぞれの役割を全うし、リーグ優勝を目指して、全力で戦ってきてください。」と激励していただきました。

 
 

令和元年度3学期始業式
1月6日(月)
 令和元年度3学期始業式を行いました。
校長先生から 「GRIT」やり抜く力 というテーマの講話がありました。目標に対してひたむきに、日々の努力を怠らず、あきらめずに続けること。当たり前のことを当たり前にできることが大切だというお話でした。
 

職員健康づくり講座「チェアエクササイズ」
12月20日(金)
 静岡県予防医学協会実践指導者の森様に職員健康づくり講座をしていただきました。
筋力トレーニング・ストレッチ・有酸素運動について教えていただき、実際に身体を動かして「チェアエクササイズ」を行いました。ひざ・足に負担をかけずに椅子に座って楽しく運動ができました。
 

令和元年度2学期終業式
12月20日(金)
 令和元年度2学期の終業式に先立ち、表彰式を行いました。県読書感想文コンクール・美術部・弓道部・バドミントン部における大会等で、優秀な成績を収めた生徒が表彰されました。
 終業式では、校長先生から
「ONE TEAM」「令和元年リマインド」をキーワードにした講話がありました。ラグビーワールドカップ2019で得た「感動」は、私たちに「夢」と「希望」と「勇気」を与えてくれたこと、受験勉強は団体戦であること、「校訓『自律・敬愛』」「挨拶」「学習力」について振り返り、自己開示の象徴である「挨拶」については、その奥深さを熱く語ってくださいました。
 

 

楽しく地域とつながろうプロジェクト『ZUMBA』
12月20日(金)
 昨日開催された
『楽しく地域とつながろうプロジェクト』第4回「ZUMBA」の様子です。初めて参加された15人の方を含め、38人の皆様が参加してくださいました。笑顔いっぱいのハイタッチで仲間となり、最後は全員で大きな輪を作り楽しい45分を過ごしました!
 

 

令和元年度 第2回校内防災訓練
12月19日(木)
 地震と火事を想定した避難訓練を行いました。グラウンドに避難後、藤枝消防署の方や藤枝市地域防災課の方にお越しいただき、学年ごとに体験活動をしました。

1年生は全員煙体験ハウスを体験し、2年生は代表者が水消火器での消火訓練をしました。3年生は日本で起きた災害についての講話を聞きました。


 
 

朝の風景
12月16日(月)
先週から、交通安全委員会による朝の交通安全運動が行われています。のぼりを持って沿道の通勤・通学の皆さんに交通安全への注意喚起を呼びかけています。今日は東名自動車学校の皆さんと一緒に活動をしました。

また、校内では朝から学習に励む生徒がいます。今朝も職員室前の学習スペースで熱心に先生に質問する3年生の姿がありました。

 

仮設トイレ設置訓練
12月12日(木)
 職員を対象に災害時に使用する仮設トイレの設置訓練を行いました。
仮設トイレはプールの横にあり、災害時にはプールの水を使って下水に流します。
組み立ててみるとしっかりとした作りで、冷たい風が吹いていても暖かく、安心して使えそうなトイレでした。
 

SPACによる文化事業講座
12月11日(水)
 静岡県の文化・観光部の演劇普及事業の一環として、SPACから講師の方々にお越しいただき、1年生を対象に文化事業講座をしていただきました。
「身体と声を使って伝え合おう」という講義名で、実際に生徒たちが山崎和正「水の東西」の台本を読みながら身体と声を使って表現しました。違う意見を持つ相手の意見を聞き、自分の意見もしっかり持ち、コミュニケーションをとるということを学びました。
生徒たちは、来年の1月にSPACの観劇に行くので、より楽しみになったと思います。
 
 

赤い羽根共同募金
12月9日(月)
藤枝市社会福祉協議会の戸塚さんにお越しいただき、学校で集めた赤い羽根共同募金をお渡ししました。
募金したお金は藤枝市の福祉や静岡県の災害準備金に使われるそうです。
戸塚さんから感謝の言葉と「地域に目を向けて募金の他にもいろいろな活動をしていってください」と励ましの言葉をいただきました。
生徒たちは「大変だったけれど、来年も頑張りたいです。」と話していました。
 

前へ