お知らせ藤高ニュース学校案内進路状況部活動交通アクセス定時制課程各種証明書類

  • お知らせ
  • 藤高ニュース
  • 学校案内
  • 進路状況
  • 部活動
  • 中学生の皆さん
  • 交通アクセス
  • 各種証明書類
  • 定時制課程

4/9(金)各学年LHRの様子
 本日より学年ごとに平常授業が始まりました。また各学年でLHRがありましたが、その様子を少しのぞいてみました。

 1年生は図書館ガイダンスがあり、一人一冊本を借りています。本校図書館は最新刊から古くて貴重な本まで様々な本があり、1年生も興味深そうに書架をのぞいていました。

 2年生は「総合的な探究の時間」の説明、3年生は学年集会がありました。この2つの学年に共通していたのが、先日校長より示された「8つの力」について話があったことです。本校の教育目標から導き出した生徒に着けてほしい力を示して、それらを育成するために教育活動の様々な部分で仕掛けを入れていきます。

   

4/8(木) 新入生ガイダンス

一日も早く藤枝東高校を理解してもらうために、1年生に対して新入生ガイダンスを行いました。
学年主任からは「ハビトゥス」についての話がありましたが、本校にはそんな効果も強く感じられるプライドがあります。
新しい環境に慣れることに精一杯だと思いますが、慣れることで、すでに成長が始まっていることを忘れないでください。

  

一転、その後のHRではグループエンカウンターが行われ、それぞれの担任が工夫を凝らし、和やかで楽しい時間を過ごしていました。

  

  


 

4/7(水)対面式・部活動紹介
 昨日入学式を終えたばかりの新入生ですが、今日は生徒会主催の在校生との対面式が行われました。対面式では、学校紹介動画の上映や生徒会長の挨拶・新入生の言葉などがありました。音楽部も歓迎演奏で雰囲気を盛り上げてくれ、最後に応援団が登壇して校歌の演舞を行いました。

     

 午後は部活動紹介がありました。運動部はユニフォームに着替え、普段の練習の様子を再現していました。文化部も日頃の作品を持ち寄ったりして活動の様子を紹介してくれました。本校には多くの部活動があります。教室以外の放課後の居場所を見つけて活動して欲しいものです。

 廊下には各部活動の勧誘や演奏会案内などのポスターが貼られるようになり、春休み明けの殺風景な校内の風景が少しずつ彩りを帯びてきました。

     

4/6(火)令和3年度入学式
 
天気にも恵まれ暖かな天気の中、本年度新入生の入学式が挙行されました。新入生281名は、皆緊張しつつも元気な様子で初めての登校を迎えました。

 校長式辞では、先立って行われた始業式と同様に「8つの力」を身に着けることについて述べられました。来賓の方々からも、地域を担う人材になってほしいとのお祝いのお言葉をいただきました。

 学年主任からは「現在の世の中に蔓延している様々な矛盾は、親や教員の世代の人では解決できないが、君たちの世代ならきっと解決できる、そういう人になってほしい」との激励がありました。

 ところで本校の中庭には、先日の記事でも触れられた小川国夫氏の石碑があります。「ここに立つ 未知の地平を望む 健脚の人よ 励まし励まされ 今日の岩を超え 明日の茨を開け」というものです。本校でよく学び、明日の世の中を切り開く人に成長してほしいと願っています。

   

4/6(火)令和3年度1学期始業式
 本日よりいよいよ令和3年度の学校生活が始まります。まずは大掃除をして、春休みの間の校内の汚れをきれいにします。

 旧ホームルームで連絡があった後、新ホームルームが発表になりました。「同じクラスになったね!」「またよろしく!」などと歓声を上げる生徒の姿があちこちで見られました。

 体育館に集合し、最初に新任式が行われました。この4月に本校に着任した10名の教職員の紹介と挨拶がありました。

 続く始業式では、校長より「8つの力」についての話がありました。未来を切り拓いていくために必要な能力を「協働力」「共感力」「発想力」「研鑽力」「発信力」「自発力」「統率力」「完遂力」の8つとし、それらを本校の活動や学習などを通じて身に着けてもらいたい、との訓示がありました。

   

4/5(月) 小川国夫氏書作品
この書作品をどこかで見たことはありませんか?
4月8日から開催される~小川文学の聖地を歩く~(企画展)のため、本校が所蔵している書作品2点を藤枝市郷土博物館・文学館にお貸ししました。

 
小川国夫氏は本校出身の作家であり、川端康成文学賞や日本芸術院賞も受賞され日本芸術院の会員となられた方で、藤枝を愛し続けた大作家なのです。今回はその小川国夫氏が、皆さんへのメッセージとして学校に寄贈してくださった(後輩たちへの思いのこもった)作品をお貸ししました。

   

本校からの作品がどのように展示されているのでしょうか・・・。
是非、藤枝市博物館・文学館に足を運んでみてください。

  

  

4/2(金) 新入生オリエンテーション

本日、新入生のためのオリエンテーションが行われました。
高橋副校長からの歓迎の言葉から始まり、桒高1学年主任からは、入学式までの心構えが伝えられました。

  

    

その後、通学路についての説明を含めた交通教室や各種検査及び検診が行われ、緊張の一日が終了しました。
4/6(火)入学式からが本当のスタートになります。
今日の話の内容を効果的に活かし、素晴らしい高校生活のスタートとしていきましょう。 

 

4/1(木)新チームスタート!


本日より新入生の練習が開始されました。サッカー部は2部練習のため、新1年生はトップチームの練習が行われる午前練習に合流しました。

      

見慣れたブラック系の練習着とは対照的にカラフルな1年生。

   

円陣も初めてで、まだまだ歪ではありますが、全国大会優勝に向け、一丸となって戦いましょう。

 


3/31(水) 令和2年度の終わりに

今までに前例のない1年となってしまった令和2年度。
多くの高校生が苦しみ、辛い思いを乗り越えてきた1年と言ってもよいでしょう。
かけがえのない高校生活の中の、貴重な1年なのに。

    

しかし、3年生は強かった。
文化祭やインターハイすら実施できず、やりきれない気持ちをどのように昇華させたのでしょうか。
東京大学や京都大学をはじめ、国公立大学への合格者は180名に迫り、過去5年間で最多。早稲田・慶応・上智などの難関私立大にも多数の合格者を出しました。

  

≪至誠一貫≫
誠を貫くことで、人は逆境を乗り越え、その自信が新たな力へと変換されることを教えてくれたのだと思います。
我々は、この思いを繋いでいきます。 

令和3年度へと・・・!

3/30(火) 離任式
 

令和2年度末の人事異動が発表され、13名の教職員が転退職されることになりました。
コロナ感染症予防対策として、1.2年生対象の離任式を午前中、3年生のための離任式を午後(約180名出席)とそれぞれに実施し、先生方から心温まるメッセージをいただきました。 

  

      

転退職される先生方(転任先)
石垣智博副校長(金谷高)、谷峰夫先生(島田高)、戸塚康博先生(退職)、
小林翼先生(沼津工)、増田典祥先生(金谷高)、成澤浩先生(富岳館高)、
松井太朗先生(焼津中央高)、戸本浩史先生(静岡農)、吉川紳先生(清水南高)、
岩堀伸昭事務長(静岡商)、杉本彩花主任(東益津小)、
永島僚太先生(清流館高)、渡辺祥太先生(藤枝西・焼津水産)

  

先生方ありがとうございました。新任地でのご活躍を祈念しております。

3/29(月)文芸部:群星の発刊
  

今日は夏日となり、春を通り越したような気温でしたが・・・・・まさしく発刊された群星の巻頭言にあるように「春は土と草とに新しい汗をかかせる。その汗を乾かそうと・・・」(中原中也『春』より)。
悲しみの詩人中原中也ですら希望を抱く春。群星の第42号が発刊されました。

     

是非読んでみてほしい一冊です。興味のある方は、文芸部員または菊川先生に声をかけてください。


3/26(金) サクラ三様!
3月25日(木)の早朝、藤枝東高校の敷地内を散策しました。

玄関を出て人工芝グランドに歩きます。「蹴上王者」の像を過ぎ、桜の木を見ると、つぼみは膨らんでいますが、まだほとんど咲いていない状態です。

 

そこから人工芝グランドと第1棟校舎昇降口前を通り過ぎ、中庭に行ってみました。
初代校長錦織先生の銅像の後ろの桜は・・・御覧の通り、だいぶ咲いています。3分咲きといったところでしょうか。

 


そこから再び人工芝グランド横の通路に戻り、北に向かいました。
第2グランドの東側の桜を見ると・・・このとおりです!!

 

まさに今が満開! 木には野鳥がとまり、涼しげな声で鳴いていました。

それにしてもほぼ同じ場所・同じ時間なのにこれほど違うのは不思議ですね。(「探究活動」の素材になるかもしれません。)
・・・藤枝東高校は現在春季休業中。・・・これから新しい年度へと静かに移行していきます。




3/25(木)水泳部:プール掃除
春の到来を感じる今日この頃。とはいえまだまだ水泳の季節と言えませんが、本校水泳部は年度初めからの練習に備えてプール掃除を行いました。

   

昨年の11月までプールを使用していましたが、冬を越したプールはなかなかの汚れようです。部員一同力を合わせて、全力で磨いていきました。

  

新校舎建設のため、残念ながら令和3年度終了後にプールと第3棟の解体工事が行われる予定となっており、これが最後のプール掃除になってしまいそうです。水泳部員の皆さん、心を込めての清掃活動、ありがとうございました。

 

 

3/24(水) 野球部春季大会

3/20(土)ついに春季東海地区高等学校野球静岡県中部地区大会が開幕し、本校は強豪島田商業高校と対戦しました。

   

コロナ禍により観客は制限されてしまいましたが、久しぶりの公式戦ということもあり、スタンドには多くの保護者と卒業した3年生も応援に駆けつけてくれました。

  

残念ながら0-11で負けてしまいましたが、良い面も随所に見られました。4月からは多くの有望な新1年生も入部してくれると思います。夏の選手権大会に向かって前進あるのみ!です。 

  

   

3/23(火) 男子バレーボール部はつらつプレー!
3月20日(土)、21日(日)県高校新人体育大会兼県高校バレーボール選手権中部地区大会がありました。20日(土)は本校新体育館が会場です。

2回戦の駿河総合高校戦、本校男子バレー部は主将のセッター長野圭吾さんを中心にはつらつとしたプレーを見せていました!

 

 

 

<試合結果>
3/20(土) 2回戦 2-0 駿河総合    準々決勝 0-2 島田樟誠
 21(日) 5-8位決定戦 2-0 科学技術  5-6位決定戦 1-2 静岡市立

…本校は中部地区6位で令和3年度のインターハイへ進むことになりました。次の大会も息の合ったプレーを期待しています!! がんばれ藤枝東高校男子バレー部!!

3/22(月)ギター部卒業ライブ
 
3/20(土)ギター部の卒業ライブが本校体育館にて行われました。例年ライブハウスで実施していたのですが、昨今の情勢を鑑みて、今年は校内で関係者のみを対象に実施することとなりました。換気に注意して、客席からの声出し禁止、消毒や検温など万全の感染症対策を施しました。

 部員の友人や保護者の方々に見守られながら、どの卒業生バンドも熱演を繰り広げました。観客の皆さんにも手拍子で雰囲気を盛り上げていただく中、とても素晴らしいライブになりました。これまでの後輩へのご指導に感謝申し上げるとともに、今後のご活躍をお祈りします。
 
 また、体育館を使用するにあたり、運動部の皆さんや暗幕や照明器具などを使用させていただいた演劇部など、いろいろな方々にご協力いただきました。この場をお借りして御礼申し上げます。

 
 
 


3/19(金) 3学期終業式!
3月19日(金)、本日は3学期の終業式の日です。
コロナウイルス感染症対策のため、放送による式(始業式・終業式)が続いていましたが、今回は久しぶりに1、2学年そろっての式となりました。

終業式に先だち、表彰式がありました。

1 女子テニス部 県高校新人大会 団体4位 と 県高校新人大会 女子ダブルス3位(23HR水野さん・26HR平塚さんペア)



2 サッカー部 県高校新人大会 準優勝




3 第40回全国高校生読書体験コンクール入選 14HR大石さん




・・・表彰された団体・個人のみなさんおめでとうございます。ここからさらなる高みを目指してください!

そして3学期の終業式!(マスク着用、密にならないよう距離をとっての実施です)



校長先生から、多くの情報を正しく受け取り、伝える難しさについてのお話がありました。

  
伝達するツールとしてはもちろん映像などもあるが、多くは言葉や文章が用いられる。
最近の風潮として短い、簡単な言葉で発信する場合が多いが、それに慣れすぎず、ある程度の長さの文章、複雑なことも身につけて使いこなせるようになる必要がある。日本語だけでなく多様な人々とコンタクトを取るには英語も必要。良質な言葉、良質な文章に接し、それらを理解し、使えるようになってほしい・・とのお話でした。

また、今年度はコロナの制限下で力を蓄える時間だったと思うが、次年度は力を発揮できるような場が提供できるようになると思われるので、ぜひ力を発揮してほしい・・とのお話もありました。


・・・終業式後、教務課長の渡邉先生からは成績会議に関連して「勉強も部活動もがんばっている生徒がたくさんいる。その生徒から刺激されてほしい」とのお話があり、続けて生徒課長の杉山先生から1 自転車・交通安全…命を大切にすること と、2 SNSについて「校長先生から良質な言葉についてのお話があったが、言葉を発するときに相手を思いやる意識があるか」「2手先を読む…それをやることで何が起こるか…先のことを考えて言葉を使っているか」を意識してほしいというお話がありました。


藤枝東高生、令和3年度に向かって進んでいきます!!



令和2年度・1学年「総合的な探究の時間」生徒作成スライド
 1学年で実施している「総合的な探究の時間」では、SDGsを題材としたグループワークとスライド製作、そしてプレゼンテーションを実施してきました。つきましては、探究活動の概要と生徒が制作したスライドを公開します。本校の教育活動の一端をご覧いただければ幸いです。

こちらからご覧ください→藤枝東高等学校 令和2年度「総合的な探究の時間」

 

3/18(木)1年生対象・進路講演会
 本日行われた1年生対象の進路講演会では、学研アソシエ・大堀精一先生の講演を拝聴しました。時流を読み切った小論文のご指導で全国的に有名な先生のご講演とあって、生徒一同も熱心に耳を傾けていました。

 「格差社会」「AI」「コロナウイルス禍」などのトピックについて、今世の中で何が起きているのか、それらをどのような視点で見ていくべきかについての興味深い内容でした。それらを自分の言葉で語ることが小論文の力につながるということがよく理解できました。

 格差社会の話題ではSDGsにも触れられ、「人や国の不平等をなくそう」という解決目標において日本はマイナスの達成度であることも知りました。つい先日までSDGsを題材とした探究学習に取り組んでいたので、今回の話を聞いて、これまで学んできたことが一つの線として繋がったような印象を受けました。

 

3/18(木) 合格体験報告会

 この春、国公立大学合格を勝ち取った卒業生から合格までの道のりを語ってもらい、最終学年を迎える現2年生へのエールとなるように「合格体験報告会」が行われました。

   

 講師として話してくれたのは23名の卒業生。独自の勉強法や自身の失敗談、「報われるとか報われないのではなく、とにかく努力」「感謝を忘れない」「もう遅いはない、今を頑張る」など、2年生は生々しい言葉に引き込まれるように聞き入っていました。

  

東京大学や京都大学をはじめ、多くの成功を収めた先輩たちに学び、自らの力で切り拓いていきましょう。

 

 

全ての記事を見る