お知らせ 藤高ニュース 学校案内 進路状況 部活動 交通アクセス 定時制課程

  • お知らせ
  • 藤高ニュース
  • 学校案内
  • 進路状況
  • 部活動
  • 交通アクセス
  • 定時制課程

台南交換留学へ出発
藤枝東高では、台湾の古都といわれる台南市にある国立台南第一高級中学および国立台南女子高級中学と短期交換留学事業を行っています。今年は、1年生女子5名が派遣されることになりました。5名中2名が台南一中、3名が台南女子中に留学します。



出発を控えた12/6(金)の放課後、5人の留学生が小会議室に集まりました。一学年主任から留学の心構えについて、お話を聞いています。





12/9(日)、いよいよ交換留学に向けて出発です。午前6時半、藤枝駅改札口に5人は集合しました。気温は4℃、この冬一番の冷え込みです。このあと5人は引率の先生と共に昼頃、中部国際空港を飛び立ち台湾桃園国際空港に向かいます。この日は台北のホテルに宿泊し、翌10(月)に高鉄(台湾新幹線)に乗って台南の地に向かいます。台南市は21℃とのこと、気温差15℃以上です。

☆10(月)から25(火)まで約2週間の短期留学、5人には沢山のことを思い切り吸収してきてほしいと願っています。

プリンスリーグ最終節
4/7に開幕した高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2018東海は、12/8(土)に第18節(最終節)を迎えました。この最終戦、東高の対戦相手は藤枝明誠高、藤枝ダービーです。会場は藤枝市民グラウンド、13:00キックオフで試合は始まりました。



前半は1対1で折り返し、後半が始まりました。写真は後半開始直後、明誠高陣内の競り合いシーンです。6番21HR浦部君が懸命にジャンプしています。ちなみに前半開始直後の得点者は23HR斎藤君でした。





後半に入って中盤以降、東高が明誠高エリアに攻め込むシーンが増え、27分に31HR平出君、試合終了間際には32HR有田君がゴールを決めました。最後に3年生が見せてくれました。



試合は結局3-1、東高の快勝で終わりました。選手権の雪辱を果たすことができました。写真は試合後、選手たちが応援席にお礼のあいさつをしているシーンです。最終戦勝利、おめでとう!

修学旅行最終日
楽しくて充実した時間は矢のように過ぎるものです。2年生の台湾修学旅行もあっという間に第4日目となりました。最終日は7クラス揃って国立故宮博物院を訪れました。故宮博物院は、「翠玉白菜」や「肉形石」をはじめとして台湾、東洋の美術品や書画、文献等総計60万点以上を数える世界的な博物館です。



博物院のサービスカウンターです。平日の午前中ですが世界中から多くの来館者があり、ごった返しています。ここで生徒たちは日本語の音声ガイド(ヘッドフォン)を受け取りました。



展示室内に進むエスカレーターに乗り込むところです。館内は2016年12月からフラッシュを使わなければ写真撮影OKになっています。お目当ての「肉」と「白菜」と「鍋」、見つかるかな。



台湾の国宝に触れた故宮博物院見学を終え、帰路につく2年生、4日前に降り立った桃園国際空港に到着です。スーツケースの上に大きなお土産袋を乗せている生徒が多数います。「お土産」と「お土産話」満載の2年生を乗せたチャーター便は、現地時間15:20、桃園を離陸しました。そして…。



19:30の富士山静岡空港です。2年生が国際線到着口から元気に出てきました。少し日に焼けている生徒も見えます。台湾は3日目に少し曇った他は晴天だったとのことです。なんと台南は日中31℃の日もあったとか…。さすが亜熱帯の国台湾です。2年生の皆さん、お帰りなさい。お疲れさま。

高校生活最後の定期テスト
12/3(月)~6(木)の4日間は1・3年生の2学期期末テストが実施されています。この間、2年生は修学旅行中です。このテストは、3年生にとって高校生活で最後の定期テストです。

 12/3(月)テスト初日。32HRの前黒板の一番上には「高校最後の期末テスト①」の板書がありました。

 テスト初日2時間目の「現代文」です。32HRの生徒たちが集中して取り組んでいます。中にはワイシャツを腕まくりして気合を入れている男子生徒も見えます。

 12/6(木)テスト最終日、37HRの受験風景です。高校生活最後のテストは「古典」でした。

修学旅行第3日目
前夜に台南コースの3クラスが合流し、全7クラスが台北に集結した修学旅行第3日目は、午前中がB&Sプログラム(台湾大学生との交流研修)、午後は台北市内班別研修が実施されました。

 朝、生徒たちが宿泊しているホテルに台湾の大学に通う学生の皆さんが迎えに来てくれました。ロビーで互いに自己紹介後、大学生と連れ立って街に出かけ、ランチタイムまで交流を楽しみました。



 午後は班別研修です。班長を中心に、事前学習で話し合って決めた台北市内の名所や旧跡を巡りました。この2枚の写真は、台湾で最も高いビル(101階建て509.2m)である「台北101」内のショッピングモールです。この台北101には多くの班が訪れましたが、この他、孔子廟や行天宮、龍山寺に行く班も多かったです。

写真でつづる修学旅行2日目
2年生の台湾修学旅行、第2日目は、台北コース、台南コースとも現地の高校生との交流がメインテーマの一日です。交流校は台北コースの23HRが百齢高級中学、21・22・27HRが八斗高級中学、台南コースの24・25HRが台南第一高級中学、26HRが台南女子高級中学です。



21・22・27HRが訪問した八斗高級中学との交流の一コマです。台湾の先住民族の衣裳を身に纏い、日台両校の生徒が手を繋いで踊っています。22HRの男子生徒がちょっと照れながらも一生懸命リズムに合わせて踊っています。



こちらは、同じく八斗高級中学にて台湾のボードゲームに興じている風景です。27HRの生徒たちと八斗の生徒たちが英語で会話しながらゲームを楽しんでいます。



台北コースの各クラスは午前中の学校交流終了後、クラス別研修に出かけました。こちらは「十份」にて「天燈上げ」の準備をしているところです。このあと天燈は大空へと舞い上がっていきました。

☆台南コースの3クラスは、午前中は訪問した学校内で交流を深め、午後は交流校である台南一中、台南女子中の生徒の案内で台南市内を散策して過ごしました。そして夕方、新幹線に乗って台北に戻り、台北コースに合流しました。

修学旅行第1日目
2年生の台湾修学旅行が始まりました。その第1日目のようすをお知らせしましょう!

 9:00前の富士山静岡空港。チャイナエアラインのチャーター便の搭乗が始まっています。飛行機初体験の生徒にはちょっと緊張した表情がうかがえます。

 正午すぎ、台湾桃園国際空港に到着。3時間弱の空の旅です。異国の地台湾に降り立った生徒たちの表情は開放感に溢れています。

 台北コース(21~23HR、27HR)最初のクラス別研修場所、「九份」です。夕方近くですが、さすが国際的な観光地、たくさんの人が見学に訪れています。

 台北市内の中華レストランにて夕食が始まるところ。円卓に座り、料理が並ぶのをわくわくしながら待っています。

◇修学旅行第1日目、台南コースの24~26HRは、桃園駅からオレンジ色の新幹線に乗り、台南へ移動。夕食後に夜一散策をしました。
 第2日目は台北・台南両コースとも現地の高級中学との学校交流が予定されています。

修学旅行出発!
12/3(月)早朝の藤枝駅南口のホテルオーレ前は、2年生がスーツケースを転がしてぞくぞくと集まってきました。ここは台湾修学旅行の集合場所となっていました。一部生徒は静岡空港に直接行きますが、大半はここに集結です。

 朝6時、まだ周囲は薄暗い中、集まった生徒たちは担任の先生の点呼を受けてスーツケースをバスに積み込みました。

 6:20、21HRが1番手で藤枝駅を出発。教務主任の渡邉先生に見送られ、笑顔で旅立っていきました。

その後、9:10、富士山静岡空港からチャイナエアラインのチャーター機に参加予定者が全員乗って出発しました。

☆12/3(月)~6(木)の台湾修学旅行、旅程の概要は次のとおりです。
12/3:台北コース(21~23HR、27HR)・・・台北到着後、クラス別研修(九份コース等)
    台南コース(24~26HR)・・・台北到着後、新幹線にて台南へ移動し夜市見学
12/4:台北コース・・・午前中は各現地高級中学(高校)との交流、午後はクラス別研修
    台南コース・・・台南第一高級中学、台南女子高級中学との交流、その後は台北へ
12/5:午前中はB&Sプログラム(現地大学生との交流研修)、午後は市内班別研修
12/6:故宮博物院見学後、帰国の途へ

修学旅行結団式
4日間の期末テストを無事終えた11/30(金)、剣道場にて2年生の修学旅行結団式が行われました。2年生は12/3(月)より3泊4日で台湾への修学旅行に行きます。旅行中は現地の高級中学(日本の高校に相当)や大学生との交流があったりグループ別の研修があったりと周遊型でない密度の濃い旅行内容が計画されています。



結団式ではまず、今回の旅行の団長である校長先生から台湾修学旅行の意義についてお話がありました。校長先生も台湾への旅行は初めてとのことで、とてもワクワクしているとのことでした。



続いて健康管理のことや旅行中の諸注意がありました。生徒たちは配布されている「修学旅行のしおり」を見ながらお話に聞いていましたが、旅行を前に皆嬉しそうな表情にあふれていました。

☆これまでこの修学旅行に向け、LHRの時間等を使いながら修学旅行委員を中心に準備を整えてきました。「修学旅行のしおり」の1ページには修学旅行委員長の24HR渡辺君が文を寄せています。
「待ちに待った修学旅行!皆さん、この3泊4日は、日頃の様々な疲れを忘れて、良い意味で羽を伸ばしましょう。異国の文化に触れるも良し。現地の人と交流を楽しむも良し。友達とワイワイするも良し(羽目の外しすぎには注意を!)。学年全員が楽しめる旅行にしょう。そして、修学旅行での経験が今後の学校生活に活かせるように有意義なものになるといいですね。・・・(後略)」

2年生期末テスト
11/27(火)~30(金)にかけて、2年生の期末テストが実施されています。2年生は翌週12/3(月)から待望の台湾修学旅行を控えていて、この4日間をしっかりと乗り切り、晴れ晴れとして静岡空港をテイクオフできるよう、皆一生懸命にテスト問題に取り組んでいます。



11/27(火)テスト初日1時間目の「世界史B」に取り組む文系クラスのようすです。この日は、世界史Bのあと、英語コミュニケーションⅡと古典を受験しました。



こちらはテスト2日目11/28(水)3時間目の「保健」のテスト中の理系クラスです。試験終了まであと5分、すべて答案を記入し終え余裕の生徒もちらほら見えます。

☆11/30(金)の試験終了後には修学旅行結団式が予定されています。テストはあと2日間。がんばれ2年生!

1年生交通安全教室
11/26(月)6時間目、新体育館を会場に1年生対象の交通安全教室が実施されました。講師は藤枝警察署と日本交通安全教育普及協会の方々が務めてくださいました。





今回の教室では、VR(バーチャルリアリティ)技術を駆使し、自転車や車の運転手の視点で交通事故を分析し、その原因を考え、どう対応したらいいかを体験とワークシートを使いながら学習していきました。スクリーンに画像を映し出し、それぞれの場面で生徒の考えを確認しながら交通安全教室は進められました。車と自転車の交通事故であっても、状況によっては自転車側の過失責任が多く問われる場合もあるというお話もあり、生徒たちは緊張感をもって受講していました。安全な自転車通学について改めて確認するよい機会となりました。

地域防災訓練in新体育館
11/25(日)、新体育館では朝から地域防災訓練が行われていました。本校新体育館2階は学校北側一帯の五十海地区と東側一帯の市部地区の住民の皆さんの災害時避難所になっていて、今年度は五十海地区住民の皆さんが新体育館に避難することを想定した訓練として実施されたのです。



8:30を回った頃から地区の各組がぞくぞくと体育館に避難し、受付場所に参加者報告書(避難者名簿)を提出しています。五十海地区に住む本校生徒もやって来ました。



9:00、住民避難が完了し全体会が始まりました。会場後方には藤枝市が準備してくれたダンボールでできた畳と間仕切りが展示されています。



全体会では地区防災会長あいさつ、自治会長のお話に続き、藤枝市危機管理センター(地域防災課)職員による防災講話「地震から命を守るために」がありました。阪神大震災や平成21年8月に駿河湾を震源に発生したM6.5の地震の映像を交えながら、巨大地震にどう備え発災時にどう対処するかについて、具体的でわかりやすいお話を聞くことができました。

☆地域防災訓練は、来月第1日曜日である12/2に実施される地区が多いと思います。平成30年は大阪北部や北海道胆振地方の大地震、台風24号など大きな自然災害が多数発生しました。ぜひ訓練に参加し、今一度地域や各家庭において防災対策を確認する機会としてほしいと思います。

センター試験プレテスト
11/24(土)・25(日)の両日、来年1月19日・20日に実施を控えているセンター試験を踏まえ、3年生がその予行演習として、センター試験本番とまったく同じ時間割で全国模試を受験しています。





24(土)の第1日目のテストの様子です。通常、試験と試験の間の休憩は10分~15分ですが、センター試験では1つの試験が終了すると次の試験まで50分待たなくてはなりません。昼食休憩は80分あります。この待ち時間をどう有効に過ごすか、身を持って体験すること、これも今回のテストのポイントと言えます。また、この日最後の英語リスニング試験は、ICプレーヤーを耳に装着して行っています(下の写真)。

☆25(日)は、数理の理系科目が行われます。すべての試験が終わったあとは、自己採点を実施する予定です。