富士特別支援学校のホームページ
 
学校案内 校長室から 学部 進路指導
 
 地域連携部 富士の子だより 学校の様子 あすなろ会

 アクセス 緊急時の対応 今日の給食 保健室から
 
 ☆高等部 機織り班の製品が各リンク先の背景となっています☆
 
ホーム>今日の給食

  • 学校案内
  • 校長室から
  • 保健室から
  • 学部
  • 進路指導
  • 地域連携部
  • 富士の子だより
  • 学校の様子
  • あすなろ会
  • アクセス
  • 緊急時の対応
  • 今日の給食
1月16日(水)
牛乳・ごはん・肉じゃが・油揚げと野菜の炒め物・かぶの味噌汁

16日の給食です。味噌汁の具には、かぶを使用しました。
富士市産のものになります。鮮度の良いものを届けていただきました*
冬に収穫されるかぶは、甘みを増すことが特徴です。
葉の部分には、βカロテンやビタミンCも含まれます。
カロテンと相性のよい油で炒めものやきんぴらに調理することがおすすめです。

1月15日(火)
牛乳・ごはん・鯖の味噌煮・白菜の煮浸し・ほうれん草のすましじる

15日の給食では、鯖の味噌煮を提供しました。
鯖は青魚の王様と呼ばれるほど、栄養価の高い魚です。
糖尿病や動脈硬化を予防したり、生活習慣病を防いだりすることが
期待されています。
脂がのっていておいしい鯖を生徒さんたちも喜んで食べてくれました*

1月9日(水)
牛乳・冬野菜のカレーライス・海藻サラダ・ヨーグルト

9日の給食では、冬野菜のカレーライスを提供しました。
学期初めの給食で食べやすく喜んでもらえるメニューです。
カレーの中には、冬野菜であるれんこんと白菜をいれました。
歯ざわりのよいれんこんですが、でんぷんが含まれているため
十分に加熱するとほくほくした食感になります。
白菜は、95%を水分が占めておりカリウムが豊富に含まれているため
高血圧の予防につながります。
カレーの日は、ごはんもしっかりたくさん食べてくれるのでうれしいです*
ぱくぱく大きな口で食べる姿をみることができました。

1月8日(火)
牛乳・ごはん・鰆のからあげ紫蘇おろしソース・煮しめ・花ふのすましじる

8日から3学期の給食が始まりました。
初日のこんだては、おせち料理の中から「煮しめ」を選びました。
根菜を中心とした野菜などを一緒に煮た煮しめは、
「家族が仲良く結ばれる」という意味があります。
家族を含め、生徒さんたちが3学期も先生や友達と仲良く楽しく給食を
食べることができればと提供しました。
おいしそうに笑顔で食べてくれたので良かったです*

11月30日(金)
「牛乳・ごはん・厚焼き玉子・小松菜とわかめのマヨ和え・とんじる」

30日の給食では、とんじるを提供しました。
寒暖差が大きくなってきているため、生徒さんたちが体調をくずさぬように具沢山のとんじるです*
豚肉にはビタミンB1が含まれているため、疲れた体を元気にしてくれます。
お肉の他には、人参・玉ねぎ・ごぼう・葉ねぎ・じゃがいも・椎茸が入っています。
人参と葉ねぎは、富士市産のものです。
「おかわりしたよ」と教えてくれた生徒さんは、
おすもうさんのような立派なおなかをみせてくれました*
給食を食べて、寒さに負けない体をつくってもらいたいと思います。

11月28日(水)
「牛乳・豚肉と白菜の中華丼・ほうれん草と錦糸卵のサラダ・春雨スープ・みかん」

28日の給食では、みかんを提供しました。
産地は浜松の三ケ日です。
三ケ日みかんに含まれる「βクリプトキサンチン」が骨粗しょう症のリスクを
低減する効果があると期待され、2015年の4月に「機能性表示食品」に認められました。
オレンジ色の濃いものが、あまくておいしいサインです*
みかんを食べて、あまくてにっこり笑っている子もいれば、
少しすっぱくて顔をしかめている子もいました。

11月27日(火)
「牛乳・ごはん・さばのカレー揚げ・小松菜のおひたし・生姜の和風スープ」

27日の給食では、小松菜のおひたしを提供しました。
富士宮で栽培されている小松菜です。
きれいで鮮度がよく、とてもおいしくいただきました*
小松菜は、丈が短めで葉肉が厚く、濃い緑色をしているものが
おいしいサインです。
小松菜の他に、キャベツが富士産・もやしが焼津産の食材です。

11月26日(月)
「牛乳・きなこあげパン・ポトフ・キャベツとコーンのサラダ」

26日の給食では、きな粉味の揚げパンを提供しました。
生徒さんたちから「今度揚げパンが食べたいな^^」と
以前リクエストがあったので、今回のメニューにしました。
どの学年の生徒さんからも「揚げパンがおいしかったよ*」と
声をかけてもらえたので、とてもうれしかったです。
口の周りをきなこまみれにしながら、おいしそうに食べてくれました。

11月22日(木)
「牛乳・栗ごはん・鮭の和風きのこソース・さつまいもの甘煮・ふるさと村の味噌汁」

11月24日は、いい日本食の日(和食の日)とされています。
和食は、2013年12月にユネスコの無形文化遺産に登録されました。
健康的な食事バランスや伝統的な食文化は、世界からも注目されています。
本校では、栗やさつまいもの使用し旬の食材を味わうとともに、
「大渕ふるさと村」で手作りされている味噌を使って、味噌汁を作りました。
生徒さんたちは、おはしを上手に使って大切に給食を食べてくれました。

11月20日(水)
「牛乳・フィッシュバーガー・ボイルキャベツ・ミネストローネ・チーズ」

20日の給食は、丸型パンと太刀魚のフライ・ボイルキャベツを使って
フィッシュバーガーを生徒さんたちに作ってもらいました*
はさむことが難しそうな生徒さんもいましたが、みんな上手に作っていて、
小学部さんも小さな口をいっぱい広げて食べてくれていました(^^)
この日もすてきな笑顔をたくさん見ることができてよかったです。

前へ