静岡県立中央特別支援学校ホームページ
キラリ&ホット 学校経営 各学部 お知らせ 地域支援 学校防災 交通アクセス
4・5月 学校運営 小学部 今日の給食 教育相談 本校の防災 アクセス
6・7・8月 校長あいさつ 各学部中学部 年間行事 申し込み 防災 キラリ&ホット
9月 学校概要 各学部高等部 進路情報 スターバックス交流
10月 校長だより 各学部病院内・訪問 学校だより きらめく個性の作品展
11月 校歌 各学部寄宿舎 研修 わくわくサマースクール
12・1月 50周年式歌 いじめ防止対策 ボランティア養成講座
2・3月 大輪祭 その他
ホーム>キラリ&ホット>6月・7月・8月

  • 4月・5月
  • 6月・7月・8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月・1月
  • 2月・3月
寄宿舎 夏のレクリエーション H29.8.28
 寄宿舎の夏のレクリエーションの様子を紹介します。

 寄宿舎では毎年、夏休み明けにレクリエーションを行っています。
内容は生徒が自分達で考え、話し合いで決めたものです。

 今年度はバイキングカラオケを企画し、係りを分担し行いました。

○バイキングでは係りがメニューや配置を考えたり、会場の飾り付けをしました。
 当日のメニューはご飯、ハンバーグ、からあげ、フライドポテト、サラダ、コーンスープ、ケーキorプリンでした。



○カラオケでは係りが歌う人を募ったり、順番決めや司会進行を努めたりしました。



 夏休み前の時間がない中で係りで集まり話し合いをしたり、
飾りつけをしたりして当日まで全員で企画を進めました。
当日はハプニングもありましたが、うまく対応して成功させることができました。

 生徒にリクリエーションの感想を聞くと、
「人前で歌うのは緊張した!けど楽しかった。」
「バイキングはいつもと違った雰囲気を楽しめた。おいしかった!」
などと笑顔で話してくれました。

 来年度も生徒が自分たちで企画し、楽しめるレクリエーションになればと期待しています。

高等部 がんばろうぜ清掃 H29.7.18 
高等部では7月18日(火)に生徒会主催によるがんばろうぜ清掃が行われました。

1学期間お世話になった校舎に感謝の気持ちを込めて、生徒全員で掃除をしよう

という企画です。

ふれあいグループごと各場所にわかれ、協力して清掃を進めます。



グループの生徒同士のかかわりを深める良い機会にもなりました。

暑い中でしたが、一生懸命に清掃に取り組む生徒の姿が見られました。

中学部2組2 収穫したかぼちゃを調理しました。 H29.7.18  


 中学部2組2では、1学期に総合的な学習の時間の授業で、夏野菜の栽培に取り


組みました。7月18日(火)には、朝収穫したかぼちゃをみんなで調理しまし


た。


 4月24日に畑に苗を植え、大きく育つように毎朝の水やりや除草、追肥など


が必要であることを調べ管理しました。「茎が大きなった。」「大きな花が咲


いた。」など、植物の形態の変化を発見し、かぼちゃの原産地はメキシコ南部、


生育適温は20~25℃であることなどを調べました。


 そして、ついに収穫。調理では、「かぼちゃの蒸しパン」を作り、「おいし


い。」「甘い。」と笑顔が見られ、枯れないように85日間栽培した結果
がでま

した。2学期は冬野菜を栽培する予定です。定期的な観察と無農薬、無化学


料栽培に伴う害虫対策、施肥の量や時期について調べたり試したりして栽培

します。


  



おおぞら学級 7月の学習の様子 H29.7.19
今月のおおぞら学級の児童生徒は、

「夏」を楽しんでいます。

2組では、生活単元学習で毎年恒例の「夏祭り」を行いました。

自分の得意な活動で、「輪投げ」と「ヨーヨーすくい」をがんばりました。

1組・3組の友達も遊びに来てくれました。





体育の時間は、本校のプールで水泳を行いました。

一人一回の入水でしたが、

久しぶりのプールの水の冷たさ、感触に

たくさんの笑顔があふれていました。


水の中でバシャバシャと水しぶきをあげて楽しんだり、

先生と競争する姿も見られました。




校外学習「世界に1つだけの花だん!」 H29.06.14
病院からきれいな花壇を作ってほしいと依頼されてから、土や花に触ったり、匂いを嗅いだりする学習をして、花壇を作るために必要なものは何かを勉強してきました。そこで、わかくさ高等部は、花の苗をもらいに静岡農業高校へ行きました。



アジサイがきれいに咲いている場に案内してくれたり、飼っている羊やヤギを見せてくれたりして、たくさんの良い関わりをすることができました。

苗の植え方も教えてもらいました。



きれいな花壇を作ることで、たくさんの人たちと関わることができています。