静岡県立熱海高等学校ホームページ
 

学校紹介中学生のみなさんへ部活動各種証明書交通アクセス最新ニュース在校生へ通信文科省指定事業レモンの木
 
ホーム>高校生ホテル>2018高校生ホテル報告

  • 2016高校生ホテル 報告
  • 2017高校生ホテル報告
  • 2018高校生ホテル報告
2018熱海高校生ホテルinニューとみよしFinal  大成功 終了
2018熱海高校生ホテルが平成30年11月13・14日に開館し、無事大成功で終わりました。

今回、お申込み多数(予約36組、92人)のため、抽選により宿泊者を決定しました。生徒による抽選の結果大人48人、小学生1人、幼児2人、乳児1人のお客様をお迎えいたしました。宿泊者は 三重県立鳥羽高校、神戸市立神港橘高校、県立稲取高校、県立浜松湖北高校、県立浜松商業高校の先生方、実習生徒の祖父母、一般のお客様で、三重県、兵庫県、千葉県、神奈川県、埼玉県、御殿場市、浜松市など様々な地域からお越しいただきました。
生徒は、6月からの現地実習の成果を発揮することができ、各担当場所で精一杯のおもてなしをしました。

【お客様からのお言葉】一部抜粋
一生懸命さが伝わってきた。お兄さんお姉さん方に笑顔で接客してもらい子供も喜んでいました。高校生たちの接客、サービス、対応、コミュニケーション、どれも大変よかったです。このような取り組みは、生徒にコミュニケーション力や自信をつけてやることができる、とても素晴らしい企画、取り組みだと思いました。高校生の元気な若い姿を見ていると、こちらまで元気になります。料理もとてもおいしく露天風呂も大変良かったです。今年で終わり残念です。この経験は将来必ず役に立つと思います。本当にお疲れ様でした。これからも笑顔を忘れず素晴らしい人生を歩まれることを期待します。こころのこもった接客にとてもうれしさを感じました。真剣に取り組む姿勢、気遣いに感謝します。来年度も是非実施してほしい。

【担当者から】
今回 熱海高校生ホテルはFinalになります。3年間を振り返り、学校の体制、地域からのご協力、生徒の意識などあらゆる視点で見つめ直し今後の在り方を考えていきます。
高校生ホテルの取り組みによる生徒の成長は計り知れないものがあります。しかし、当日を迎えるまで、相当の準備と協力が必要です。学校、地域、生徒及び保護者の理解といった3つのいずれかが欠けていると実現できません。学校が実施したくても、実習場所がなければ実現不可能になります。今後の熱海高校の目指すところ、地域が学校に求めることなどじっくり検証してから来年度以降の実施を決定いたします。
3年間に渡り、高校生ホテルの場所と御指導をいただいたニューとみよし様には、言葉では言い尽くせないほどの感謝の気持ちでいっぱいです。また、当日までのご理解とご支援をいただきました保護者の皆様、大変ありがとうございました。



2018熱海高校生ホテル 現地実習
ニューとみよしでの実習は最後!精一杯のおもてなしを目指す
「熱海高校生ホテル」も三年目を迎え、種子島、松島、白馬といった全国の高校でも実施されるようになりました。本校では、地域活性化と生徒の研修の機会として「ニューとみよし」様の全面的なご協力のもと三年間継続して実施してきました。三年を一区切りとして「ニューとみよし」での実施は最後で、今後研修内容や研修場所などを再検討いたします。
 今年は、92人の応募があり抽選の結果、19組52人のお客様をお出迎えいたします。観光について授業で専門に学んでいる観光ビジネスコースの生徒と福祉を専門に学んでいる福祉コースの生徒が協力しておもてなしをいたします。当日、お出迎え、ウエルカムドリンクの提供(今年は市川製茶様のぐり茶)、御案内、夕朝食の提供、客室清掃、お見送りなど夜間業務と調理を除くすべての業務を分担いたします。10月30日に仮想のお客様をお迎えし、リハーサルを行いました。当日のお客様に精一杯のおもてなしができるように前日まで、自主的に現地実習を行っています。ぜひ応援お願いいたします



2018熱海高校生ホテル 決起会
2018 熱海高校生ホテル in ニューとみよし Final  が始動しました。

今年度は、接客技術を今まで以上に高めるため、5月下旬から実習に挑戦しています。

高校生ホテルは 平成30年11月13・14日の1泊2日限定 で行われます。

募集要項は8月下旬公開予定です。また9月から募集を受け付けます。

今回の決起会では、3年間連続実習場所を提供していただけるニューとみよし社長 富岡篤美様から、高校生ホテルを成功させるための心構えをお話いただきました。