新居高等学校(全日制)ホームページ
 
  

お知らせ 全日制案内 学年部 部活動 相談室
 

冬合宿
12月21日から23日の3日間、天竜で合宿を行いました。あいにく風が強く、乗艇できない時間もありましたが、湖畔を1周回ったり、山頂まで走って上ったりと、普段なかなかできない経験もできました。自炊の合宿にも慣れてきて、陸上での動きもスムーズになってきたと思います。この合宿で得たものを来年の練習に繋げていって欲しいと思います。


合同練習 with 浜松湖南高校
 12月13日(土)に浜松湖南高校との合同練習を行いました。人数も多いので、2年生は佐鳴湖、1年生は浜名湖の新居水域と分かれて練習しました。佐鳴湖に行った本校の2年生も、新居に来てくれた浜松湖南高校の1年生も緊張しながらも楽しそうに練習していました。
 本校の1年生はホストとして迎える立場でしたが、色々と失敗も多く、普段先輩に頼っている部分が色々と出てしまいました。ただ、失敗から学ぶことも多くあったと思います。あと4ヶ月すると新入生が入ってきます。今回の失敗を教訓として、そのときまでに後輩を指導できるようになっていて欲しいと思います。
 チャンスがあれば、今度は1年生が外に出て行く機会も作りたいと思います。

初漕ぎのお知らせ
平成27年の初漕ぎを1月4日(日)に行います。

現役生     8:00~
OB・保護者 10:00~ 

場所は新居高校艇庫です。

久しぶりにボートを漕いでみたいというOB・OGの方、子供が乗っているボートという乗り物がどんなものか興味があるという保護者の方、新居高校の艇庫が恋しくなった元顧問の先生方、是非艇庫までお越し下さい。多くの方のご参加をお待ちしています。

1人駅伝
12月5日(金)、最近冬の恒例行事になってきた「1人駅伝」を行いました。これは、1月に行われる湖西駅伝のコースを1人で走りきるというものです。 新居高校をスタートし、潮見坂、新所原、鷲津と湖西市南部を一周して新居高校に戻ってくるコースで、総距離は約22km。ほぼハーフマラソンです。

当日は引退した3年生が駆けつけてくれて、先導や各ポイントでの給水、コース指示の為に自転車を出してくれました。ありがたい限りです。

「こんな長い距離を走るのは初めて」という生徒もいましたが、みんな元気に走りきりました。 良い経験になったのではないかと思います。 こんなことをきっかけにして、走ることに楽しみを見出し、部活引退後、卒業後も走り続けてくれる生徒が出てくるとうれしいです。

湖西駅伝は新年1月18日(日)に行われ、新居高校ボート部からは男子3チーム、女子1チームが出場します。応援宜しくお願いします。

高体連6000mトライアル
11月16日(日)に、浜松市天竜ボート場で、高体連主催の6000mトライアルが実施されました。これは、全日本ジュニア、世界ジュニアへと続く選考会です。本校からは加藤優輝、矢野美月、持原美南の3名が出場しました。東海地区の強豪相手に実力の違いを思い知る結果となりましたが、全国選抜に出場する選手と並べて、少し手ごたえも感じたようです。彼らが主力となって、これからの新居校ボート部を盛り上げていってもらいたいと思います。

親子ボート教室
10月25日(土)に親子ボート教室を開催しました。両親や兄弟を招待し、ボートに一緒に乗って、自分達がコーチングするという企画です。乗艇したお父さん、お母さんからは、「見てると簡単そうだけど意外と難しいね。」、「うちの子供がけっこう頑張っているのがわかった。」などと言った声が聞かれました。部員達も少し誇らしげな顔をしていました。中には「ようやく少し分かってきたのに、これで終わりなのは残念。もっとやりたい。」といった意見や、「家族が漕いでいるところをビデオ撮影したい。」と言った意見もありました。機会があれば、またやりたいと思います


静岡県高等学校新人体育大会
9月28日(日)に浜松市天竜ボート場で、新人戦の2次予選が行われました。前週の台風の影響で、1日開催になりました。入賞者は以下の通りです。

男子舵手付きクォドルプル
斉藤 吉澤 筒井 加藤優 加藤尚  4位

男子シングルスカル
鈴木                    5位

女子シングルスカル
持原                    6位

残念ながら、中部選抜出場はかないませんでした。来年、巻き返しを図りたいと思います。

全国高等学校総合体育大会
7月31日~8月3日に、山梨県の河口湖漕艇場で、全国高等学校総合体育大会(通称インターハイ)が行われました。本校からは河合、田口、仁枝、サンチェス、佐原の5人が男子舵手付きクォドルプルに出場しました。予選は5クルー中2位で通過したものの、準々決勝4位で敗退となりました。トップとは約6秒差、2位とは約3秒差でした。彼らの体格を考えるとこの辺りが限界ではなかったかと思います。よく頑張ってくれました。

詳しい結果はこちらをご覧下さい。

東海高等学校総合体育大会
6月21日(土)、22日(日)に愛知池漕艇場で東海総体が行われ、本校からは男子舵手付きクォドルプルで河合、田口、サンチェス、仁枝、佐原の5人が出場しました。

予選3位、敗者復活戦1位、決勝6位と、残念な結果に終わりましたが、色々な展開のレースを経験することができました。インターハイに向けて良い経験にはなったのではないかと思います。

インターハイで賞状を貰って帰ってくるためには、もう1ランク上のパフォーマンスを発揮しなければいけません。あと1ヶ月、できることをきっちりやって河口湖に旅立ちたいと思います。

男子舵手付クォドルプル、インターハイへ!
5月17日(土)、18日(日)、浜松市天竜ボート場において県総体2次予選が開催され、男子舵手付きクォドルプルAクルーが優勝。インターハイ出場を決めました。本校としては、平成21年の女子ダブル以来5年ぶりのインターハイ出場となりました。同種目としては舵手付きクォドルプルができた最初の年、平成13年以来13年ぶりの出場となります。

インターハイは7月31日(木)から8月3日(日)に、山梨県の河口湖漕艇場で、その前の東海総体は6月21日(土)、22日(日)に愛知県の愛知池漕艇場で行われます。応援宜しくお願いします。

男子ダブルスカルのAクルーも5位に入賞し、男子総合でも3位に入りました。男子総合で賞状を貰うのも13年ぶりのことです。


県総体の入賞クルーは以下のとおりです。

男子舵手付クォドルプル

河合 田口 サンチェス 仁枝 佐原  1位

小野田 山下 吉澤 石井 柴田    4位


男子ダブルスカル

伊藤 望月  5位


女子ダブルスカル

宮澤 下益田 6位







第59回中日本レガッタ
4月18日(金)~20日(日)に、愛知池漕艇場で中日本レガッタが行われ、本校からは男子舵手つきクォドルプルに1クルーが出場しました。

河合、田口、サンチェス、佐原、仁枝の5人でレースに臨みましたが、予選6位、敗者復活戦4位で敗退となりました。特に、敗者復活戦のレースは700m付近まで2位をキープしていたものの、最後に2クルーに差されるという悔しい結果でした。

この敗戦から学んだことは多いと思います。今回の反省を活かし、4週間後の県総体では笑って喜べるように、今から頑張っていきたいと思います。

第1回わかふじレガッタ
4月12日(土)、13日(日)に浜松市天竜ボート場で、第1回わかふじレガッタが行われました。この大会は、昔の県民レガッタ、県総体1次予選を兼ねた大会です。

本校からは出場団体中最高の19クルーが出場しました。決勝進出クルーは以下の通りです。

男子シングルスカル
サンチェス                 3位
仁枝                     4位

男子ダブルスカル
佐原 山下                 3位

女子ダブルスカル
藤田 矢野                 6位

男子舵手付きクォドルプル
河合  伊藤 柴田 加藤優 筒井   5位
小野田 望月 石井 加藤尚 荒熊   6位 

今回の大会では、練習への取り組みの甘さを痛感するクルーも多々ありましたが、冬トレの成果を実感し、手ごたえを感じた選手もいたようです。県総体2次予選まであと1ヶ月。今回の経験を活かし、もう一回り成長して最後の試合を迎えて欲しいと思います。

三年生を送る会
2月22日(土)に、艇庫で三年生を送る会を行いました。完成したばかりの桟橋を蹴り出し、久しぶりの乗艇をした後、一、二年生が(保護者の方々の手を借りながら)作ったカレーを頂きました。最後に三年生が一人一人挨拶をしてくれました。 みんな堂々と話をしていたのがとても印象的でした。三年間での成長を感じました。一、二年生も三年生の話を聞き、少しスイッチが入ったようです。今後の成長に期待したいと思います。












桟橋完成記念式典
待ちに待った桟橋が完成いたしました。これでようやく乗艇ができます。

2月21日(金)には、部活動後援会長をはじめ、多くの方に出席いただいて桟橋完成記念式典を行いました。この桟橋完成の為に、本当に多くの方にご尽力を頂きました。この場を借りてお礼申し上げます。

今回お世話になった方々の思いに応えるためにも、今まで以上に頑張って参りたいと思います。


初漕ぎ中止のお知らせ
 只今桟橋を改修中のため、来年は初漕ぎを中止いたします。 楽しみにしていらっしゃったOB・保護者・元顧問の皆様、申し訳ありません。 新しい桟橋は2月に設置される予定です。リニューアルした桟橋を、また見にいらして下さい。

中部高校選抜
 10月26日(土)、27日(日)、中部高校選抜が愛知池漕艇場で開催され、本校からは男子の舵手付きクォドルプルが出場しました。県新人からメンバーを組み替え、河合、田口、サンチェス、佐原、山下の5人で大会に臨みました 。結果は準決勝5位で敗退。強豪高との差を痛感する大会となりました。
 この大会で、自分達に足らないものが見えてきました。この冬で巻き返せるように頑張っていきたいと思います。

Head of THE TENRYU
11月9日(土)に浜松市天竜ボート場で、Head of THE TENRYU が開催されました。今年度は併せて、全国高体連ボート専門部主催の6000mトライアルも実施されました。

本校からは、高体連の6000mトライアルに男子が6名、Head of THE TENRYU に男子のダブルスカルが4クルー出場しました。結果は以下の通りです。


高体連6000mトライアル

佐原 9位 サンチェス 16位 鳥居 24位 仁枝 31位 田口 33位 山村 34位


Head of THE TENRYU 男子ダブルスカル

石井・望月 1位  吉澤・加藤 2位  佐藤・タケハナ 3位


残念ながら、12月の合宿に選ばれるだけの記録を残した選手はいませんでしたが、東海地区の強豪達との差を感じる一方で、冬トレの成果や自信といったものも感じることができた大会であったのではないかと思います。外に出て行くことの大切さを感じた一日でした。

静岡県高等学校新人体育大会
9月28日(土)、29日(日)に新人戦の2次予選が天竜ボート場で行われました。入賞者は以下のとおりです。

男子舵手付きクォドルプル
河合 佐原 吉澤 山下 柴田  2位

男子ダブルスカル
田口 サンチェス          3位
佐藤 伊藤              6位

男子シングルスカル
鳥居                  6位

女子舵手付きクォドルプル
藤田 中村 山田 矢野 森    5位

女子ダブルスカル
下益田 鈴木            5位


初めて決勝に進出し賞状をもらった人、初めて準決勝まで進出した人、初めてシングルスカルでレースに出た人、それぞれが手ごたえを感じられる大会であったのではないかと思います。自分達でもできるんだ、と自信に繋げて欲しいと思います。

その一方で、色々と失敗もしました。忘れ物をした人、航行ルールを違反した人、発艇定刻に艇をつけられなかった人、レーンプレートを付け替えるのを忘れていた人、ゴールラインを通過する前に漕ぎやめてしまった人、補助員の仕事を忘れていた人。どれ一つとってもあってはならないことです。 多くの人に迷惑もかけました。今回の反省を活かし、早くレースに集中できるようにしていって欲しいと思います。

男子舵手付きクォドルプルで中部選抜への出場権を獲得することができました。全国選抜に出場できるように、約1ヶ月頑張っていきたいと思います。

新人2次に向けての決起集会
9月22(日)新人2次に向けての決起集会を行いました。

父母会主催のバーベキューでは、生徒達が悪戦苦闘しながらも楽しそうに、野菜を切ったり、火を起こしたりしている姿が見られました。何事も経験です。色々な経験を通じて人間としての幅を広げていって欲しいと思います。

バーベキューの後は、クルーごとに決意表明をしました。各クルーともこれで少しスイッチが入ったのではないかと思います。

新人2次の出場クルーは以下のとおりです。


男子舵手付きクォドルプル
A 河合  佐原  吉澤  山下  柴田
B 小野田 筒井  吉野  鈴木翔 鈴木優 

男子ダブルスカル
A 田口  サンチェス
B 伊藤  佐藤
C 夏目  那須田
D 石井  望月
E 星野  タケハナ
F 上野  高崎

男子シングルスカル
A 鳥居
B 荒熊
C 加藤尚
D 加藤優

女子舵手付きクォドルプル
A 藤田  中村  山田  矢野  森

女子ダブルスカル
A 下益田 鈴木佑
B 宮澤  大庭

女子シングルスカル
A 磯貝

大会は9月28日(土)、29日(日)に浜松市天竜ボート場で行われます。
応援宜しくお願いします。

  

 
  

国民体育大会
9月11日(水)から15日(日)に、 東京都江戸川区の荒川特設ボートコーにスにおいて、第68回国民体育大会「スポーツ祭り東京2013」が行われ、本校ボート部から3年生の磯貝徹也が静岡県選抜の一員として少年男子ダブルスカルに出場しました。

結果は6位。優勝を目指していた本人としては不本意な結果だと思いますが、ここまでよく頑張ったと思います。磯貝にとってはこれが引退レースとなります。ボートを通じて得た多くの経験を、今後の人生に活かしていってくれればと思います。


前へ
次へ